市・県民税申告相談受付会場の期間・時間・場所・駐車場

市・県民税申告相談受付会場の期間・時間・場所・駐車場
(2021年2月15日更新)
 

所得税確定申告会場及び日程(岐阜北・岐阜南税務署主催)

会場

日程

時間

マーサ21 南館4階 マーサホール

(正木中 1 - 2 - 1 )

2月16日(火曜日)~3月15日(月曜日)

(土・日・祝日を除きます)

〔ただし、2月21日(日曜日)及び2月28日(日曜日)は開設します。〕

※このほか、次の期間についても開設しています。

(1)1月19日(火曜日)~2月15日(月曜日)

 公的年金を受給されている方を主な対象として受付

(2)3月16日(火曜日)~3月30日(火曜日)

 申告義務のない方が行う還付申告や消費税の申告相談を受付

午前9時~午後5時

※「入場整理券」に

記載された時間に入場可能です。

  • 期間中、各税務署内では申告書等の提出は受け付けていますが、作成指導は行っていません。確定申告会場にてパソコンを利用してご自身で作成できるように指導しています。

  • 入場整理券については、税務署へお問い合わせください。

  • 今般、緊急事態宣言が延長されたことに伴い、申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限について、令和3年4月15日(木曜日)まで延長されることとなりました。

会場  日程  時間 
マーサ21 4階マーサホール
(正木中1年2月1日) 
3月16日(火曜日)~ 
3月30日(火曜日)
(土・日を除きます。)  
午前9時~午後5時 

 

※3月31日(水曜日)以降の開設及び受付方法については、決まり次第。国税庁ホームページ、税務署及び確定申告会場でお知らせいたします。
※入場には「入場整理券」が必要です。
※確定申告については、岐阜市北税務署又は岐阜南税務署にお問い合わせください。

 

所得税確定申告会場及び日程についてのお問い合わせ先

  • 岐阜北税務署(058)262-6131 

  • 岐阜南税務署(058)271-7111

お願い

  • 令和2年分消費税及び地方消費税の申告をする人で、軽減税率の対象品目の売上げや仕入れ(経費)がある人は、区分経理を行う必要があります。(詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。)

  • 申告手続きなどにはマイナンバー(個人番号)の記載が必要であるとともに、本人確認(番号確認及び身元確認)書類の提示又は写しの添付が必要です。本人確認のため、(1)マイナンバーカード(個人番号カード)又は(2)通知カードなどの番号確認書類と運転免許証などの身元確認書類を持参してください。(※)

  • 事業所得(農業所得を含む)、不動産所得のある人は、 青色申告決算書又は収支内訳書を作成の上、ご来場ください。

  • 税務署から申告書等の用紙やお知らせはがきが送付されている人は持参してください。

      ※過去の申告等でマイナンバーを記載して税務署へ提出した場合でもマイナンバーの記載と本人確認が毎回必要です。

     

自宅のパソコンやスマートフォンでの確定申告

 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用し、24時間いつでも作成することができます。e-Tax(国税電子申告・納税システム)をご利用いただくと、作成した確定申告書を自宅から送信することができます(マイナンバーカード又はID・パスワードが必要です)。

 なお、作成した申告書は、印刷して税務署に提出することもできます。

令和2年分の所得税の確定申告にあたり、税理士による無料相談会場を開設します。

会場

日程

時間

岐阜市役所本庁舎 1階 市民ホール

(今沢町18)

2月16日(火曜日)~ 2月26日(金曜日)

(土・日・祝日を除きます。)

午前9時30分~正午

午後1時~午後4時

※パソコンを利用した確定申告書の作成を行います。申告書の作成には時間を要しますので、 午後3時までにお越しいただくようお願いします。また、会場の混雑状況により、案内を早めに終了する場合がありますのでご了承ください。

無料税務相談の対象となる人

  1. 前年分の所得金額(青色事業専従者給与額、青色申告特別控除額又は事業専従者控除額を控除する前の金額)が300万円以下の事業所得、不動産所得、雑所得(年金受給者を除く)がある人
  2. 1に該当する人で、消費税の課税事業者である場合には、本年分の基準期間(平成30年分)の課税売上高が3,000万円以下の人
  3. 給与所得者及び年金受給者

※次の人は、岐阜北・岐阜南税務署合同申告会場(マーサ21 南館4階 マーサホール)をご利用ください。

・譲渡所得(土地、建物、株式などの売却)、山林所得の申告をする人

・贈与税の申告をする人

・消費税の相談にあたり、計算が複雑な場合や記帳及び記録の保存状況に著しく不備がある人

 

市・県民税申告相談受付会場及び日程(市主催)

会場

日程

時間

 

市役所本庁舎 1階 市民ホール
(今沢町18)


2月1日(月曜日)~ 3月15日(月曜日)

(土・日・祝日を除きます。)

※2月21日(日曜日)は開設します。

 8時45分~17時

 ※一部事前予約制 

  詳細は こちら

東部コミュニティセンター

(芥見4‐80)

2月2日(火曜日)・2月3(水曜日)

2月16日(火曜日)・2月17日(水曜日)・2月18日(木曜日)

 9時~16時30分

 来場順(1日100人)

 

・時間を区切って入場して

 いただきます。

・12時~13時の間は面談を

 行いません。

 

 

 

 

 

北部コミュニティセンター

(八代1- 11- 13)

2月4日(木曜日)・2月5(金曜日)

2月25日(木曜日)・2月26(金曜日)

南部コミュニティセンター

(加納城南通1-20)

2月9日(火)・2月10日(水曜日)

3月11日(木曜日)・3月12(金曜日)

北東部コミュニティセンター
(福富迎田6-1)

2月18日(木曜日)・2月19(金曜日)

市橋コミュニティセンター
(市橋6‐13 ‐25)

2月26日(金曜日)

柳津公民館
(柳津町宮東1-1)

3月1日(月曜日)・3月2日(火曜日)・3月3日(水曜日)

西部コミュニティセンター
(下鵜飼1-105)

3月3日(水曜日)・3月4日(木)・3月5日(金曜日)

日光コミュニティセンター
(日光町9- 1- 3)

3月9日(火曜日)

長森コミュニティセンター

(前一色1- 2- 1)

3月10(水曜日)

   市主催会場にご来場の際ご注意いただきたいこと。

 

  • 申告会場には本人確認書類として、(1)マイナンバーカード(個人番号カード)又は(2)通知カードなどの番号確認書類と運転免許証などの身元確認書類を持参してください(※郵送等の場合は、これらの写しを同封してください。)。代理人の場合は代理権の確認書類と代理人の身元確認書類を持参してください。

  • 市役所本庁舎の駐車場については、こちらをご覧ください。各コミュニティセンターの駐車場については、各施設のページをご覧ください。

  • 今年度より市役所本庁舎の会場のみ一部事前予約制です。詳しくはこちら

  • 事業所得(農業所得を含む)、不動産所得のある人は収支内訳書(収入金額、必要経費を計算したもの)を事前に作成の上、ご来場ください。

  • 医療費控除の申告をする人は、事前に医療費控除の明細書を作成の上、ご来場ください。事前の作成、集計がされていない場合は、受付できませんのでご了承ください。  

  • 青色申告・住宅借入金等特別控除・譲渡所得(土地・建物・株式などの売却)に関する確定申告、亡くなった人の確定申告(準確定申告)は、市・県民税申告相談受付会場ではできませんので、岐阜北・岐阜南税務署合同確定申告会場(マーサ21 南館4階 マーサホール)でご相談ください。

市・県民税の申告が必要な人(所得税の確定申告をされる人は、原則として市・県民税の申告は必要ありません。)

1 令和3年1月1日現在、岐阜市にお住まいで、次に当てはまる人

  • 令和2年中に営業、農業、不動産などの収入がある人のうち、所得税の確定申告をする必要がない人

  • 給与収入があった人で、勤務先から岐阜市へ「給与支払報告書」が提出されなかった人や、給与の他に不動産収入やアルバイト代などの副収入がある人※源泉徴収票や証明書類等をご持参ください

  • 確定申告する必要のない年金収入があった人で、医療費控除や社会保険料控除などを受けようとする人

  • 令和2年中に所得はなかったが、税に関する証明や、申告書の控えが必要な人
       ※扶養されている人でも税に関する証明書が必要な場合は、申告が必要です。

  • 上場株式などに係る配当所得及び株式譲渡所得について、所得税と異なる課税方式を選択する人

2 岐阜市以外にお住まいで、令和3年1月1日に岐阜市内に事業所、家屋敷がある人

年金所得がある人は、申告にご注意ください。

 公的年金などに係る雑所得があった人で、公的年金などの収入金額が400万円以下であり、かつその年分の公的年金などに係る雑所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告は不要です。ただし、確定申告により所得税の還付を受ける人所得税の源泉徴収の対象とならない公的年金等(外国の法令に基づき支払われる年金等)の支給を受けた人確定申告が必要です。

 また、 確定申告をしない人で、年金の源泉徴収票に記載されていない控除(医療費控除や生命保険料控除、扶養控除など)を市・県民税に適用しようとする人は、市・県民税申告が必要です。申告しなかった場合は、年金の源泉徴収票に記載されている控除のみで市・県民税が計算されます。 
 年金所得がある人は、申告の要否や種類にご注意ください。

所得税と異なる課税方式を選択する人は、申告にご注意ください。

 上場株式などに係る配当所得と株式譲渡所得について、確定申告書控え、年間取引報告書、計算明細書などの写しを添付して、 市・県民税の納税通知書が送達される時までに市・県民税の申告をしてください。

令和3年度個人市・県民税申告書の送付について  

 令和3年度個人市・県民税申告書は1月下旬に発送する予定です。主に令和2年度に申告を行った人に送付しますが、郵便事情により、配達時期が若干前後する場合があります。
※受付会場は大変混み合いますので、申告書の提出は郵送でお願いします。
 申告書を郵送で提出される場合には、各種保険料の控除証明書など、必要な書類が添付されているか、申告用封筒(オレンジ色)裏側の確認欄をご確認ください。添付していただいた資料は、原則返却しませんのでご注意ください。