青少年育成市民会議の活動・会議の様子を紹介します

青少年育成市民会議の活動・会議の様子を紹介します
(2020年11月20日更新)

New 岐阜市青少年育成市民会議進員全体研修会を行われました。

 新型コロナウイルスの影響の中、家庭の時間が増え、インターネットを活用した生活が当たり前になるなど、青少年ばかりか私たちの生活は変化をしています。

 こうした変化の中で、青少年がインターネットやSNSとどのようにかかわるとよいかを考え、伝えることが大切だという願いのもと「笑顔でつながるwithコロナ社会と家庭教育~スマホを通した家庭のルールを考える~」をテーマに研修会を行いました。

 今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ゆとりある会場でコミュニケーションの取り方を工夫し、各ブロックごとに研修を進めました。

 10月23日(金曜日)には、第1ブロックで推進員研修会が行われました。

 11月12日(木曜日)には、第2~5ブロックで推進員研修会が行われました。

kensyu_01 kensyu_06

○社会の動きの中、変わったこと変わって   ○青少年健全育成のために、大人が願う姿を

 いないことを明らかにしました。       伝えつつ、一緒に歩むことが大切だと助言

                       をいただきました。

111204 111202

○小学生のうちは、親と一緒に使いながら   ○ルールを作って終わりではなく、子どもが

 ルールを教え、中学生では自分でルール    スマートフォンの使い方を失敗した時の親

 を作るようになると主体的に利用できる    の関わり方(話し方)が大切だと 確認をし

 子が増えるという意見が多く出ました。    ました。

これまでに青少年育成市民会議で行った活動・会議の様子を紹介します。

市民会議で行った会議の様子

会長会 9月29日(火曜日)開催

 これまで実施した市民会議事業の確認、感染対策を含めた下期事業のあり方について審議を行いました。

 ※新型コロナウイルスの影響などもありましたが、今年度初めて50地域の方に集まって行うことができました。

kaityo_01 kaityo_03

○新型コロナウイルス感染対策を実施して  ○「家庭の日」推進大会への感染対策を検討

 開催しました。              しました。

 

推進員正副ブロック長会 9月25日(金曜日)開催

 主に、今年度実施する「推進員研修会」の内容について審議されました。

 現在増えつつある、SNS等の利用による青少年の被害を減らすために大切なこと、青少年がSNSやインターネットと上手にかかわるための方法を伝える必要があると考え、「青少年のインターネットやSNSの安全・安心利用」についての研修を行うことに決まりました。

suisinin_001 suisinin_003

○議題について審議を行いました。     ○推進指導員から、指導・助言を受けました。