市子連主催の会議の様子

市子連主催の会議の様子
(2020年11月10日更新)

  岐阜市子ども会育成連合会では、子ども会活動の充実と発展を願い、皆様お忙しい中

1年間に定期の役員会、常任委員会、会長会など様々な会議が開催されています。

 今年度の会議の一部をご紹介します。

会長会(9月8日開催)

 市内48地域のほとんどの育成会長様が出席され、常任委員会決定の報告を受けられました。

特に今年度の「委託金の取り扱い」につきましてはこのホームページにも載せてありますので、

各地域でご確認ください。※集合して開催する、今年度初めての会長会でした。

 98会長会

 前後左右のソーシャルディスタンスに

配慮した椅子の配置で行いました。

98会長会受付

 受付時はアルコール消毒

および検温を実施しました。

 

常任委員会 (7月2日、9月3日開催)

 会長会に向けて、令和3年度開催予定の新たな形式の「新年こども大会」や、

今後の子ども会活動のありかたについて、また今年度の「委託金の取り扱い」についてなど、

重要な内容についての審議がされました。

常任委員会1

常任委員会2

常任委員会1  常任委員会3 

事業等検討委員会(7月16日開催)

 子ども会活動全般にわたり、活動内容などを検討し、見直しを提言する特別委員会です。

メンバーは市子連役員若干名と各ブロックのブロック長5名で構成されています。令和元年度は

規約の見直しをしました。

 今年度は、主に新年子ども大会について、その歴史や意義を振り返りながら、各地域の子ども会

活動の現状を踏まえ、新たな形を模索する会議が行われています。6月25日に続いて開催された

第2回目の様子です。各ブロック長様からはブロック内の地域会長の率直な思いや厳しいお声も

交え、様々な意見を紹介していただきました。

 これまでの話し合いをもとに、8月下旬の役員会にて今後の方向性について原案が作成されることに

なります。               

                         ※ 写真はありません。