鳥インフルエンザへの対応について

鳥インフルエンザへの対応について
(2021年4月1日更新)

鳥飼養者のみなさまへ

野鳥に関する高病原性鳥インフルエンザについて

鳥飼養者のみなさまへ

高病原性鳥インフルエンザ対策について

 〇高病原性鳥インフルエンザとは

 鳥インフルエンザのうち、鶏などの鳥類に対し、全身症状など特に強い病原性をもち、高い致死率を示す特定のウイルスによる疾患を「高病原性鳥インフルエンザ」といいます。
 この病気は鳥から鳥に、直接または排泄物等を介して広がります。
感染した鳥類は、震え、起立不能などの神経症状や、元気消失、食欲消失などの様々な症状がみられます。また、しばしば症状を示さず急死します。

鳥類を飼養する場合は、次のことに注意しましょう

 鳥類の世話をするときは

・清掃や糞の始末をするときは、マスク、手袋、エプロン等を着用してください。
・鳥類との濃厚な接触を避け、さわった後には必ず手を洗いましょう。
・鳥類の世話をする人の体調に異常がみられたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

 飼養施設の管理は

・定期的に清掃、消毒しましょう。(消毒は、次亜塩素酸ナトリウム溶液、エタノールなど)
・野鳥や野生生物が侵入しないよう、破損個所の点検、修理をしましょう。
・できる限り、飼っている鳥類を飼養施設の外に出さないようにしましょう。

鳥類の健康管理を行いましょう

日頃から飼っている鳥類の健康状態(異常の有無)をよく観察してください。
飼っている鳥類に異常がみられたときは、動物病院へ受診してください。

動物の愛護及び管理に関する法律の第7条の規定により、動物の所有者の方は「感染症の疾病の予防のために必要な対策を行う」よう努めなければなりません。

 この度、環境省より「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針」が通知されました。

 鳥飼養者(動物取扱業者、個人の飼養者を含む)の方は、原則としてこの指針に基づいて対応していただきますよう、お願いします。

]

動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針( pdf : 222KB )

野鳥に関する高病原性鳥インフルエンザについて

いるのを見つけたら

    野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて (環境保全課のページへ)

○ご相談・お問い合わせ窓口

内容

問い合わせ先

電話番号

(1)死亡野鳥の発見について
 (複数死亡、見慣れない野鳥)

岐阜市環境保全課

岐阜県岐阜地域環境室

214-2151 

272-1920

(2)鶏(家畜)について

岐阜市畜産課

岐阜県中央家畜保健衛生所

232-8053

201-0530

(3)ペット(鳥)について

岐阜市保健所生活衛生課

252-7195

(4)路上等の死がい処理について
 (一般廃棄物となります)

岐阜市環境一課

265-3983

(5)人への感染に関して

岐阜市保健所地域保健課

252-7187

○敷地内で死亡した野鳥を見つけた場合の処理について

・死んだ野鳥は、ビニール袋に入れ密封し、一般廃棄物として処理することが出来ます。
    処理にあたっては、手袋とマスクをしましょう。
    処理後は、必ず手洗いとうがいをしましょう。
・路上で死亡している野鳥の処理については、岐阜市環境事業課にご相談ください。

○動物との接し方について

・野生の動物は、様々なウイルスや細菌、寄生虫を持っていることがあります。

・やむを得ず死がいやフンに触れた場合は、手洗いやうがいをしましょう。
・自分の体調に異変を感じた場合は、かかりつけの医療機関に相談しましょう。

外部リンク

「鳥インフルエンザについて」(厚生労働省)