飛沫感染防止対策を目的としたビニールシートについて

飛沫感染防止対策を目的としたビニールシートについて
(2020年9月9日更新)

 新型コロナウイルス感染症の飛沫感染防止のため、ビニールシートを設置する場合、裸火が接しないように注意し、燃えにくいシート(難燃性又は不燃性のもの)にするよう努めてください。

 また、以下の3点の場所には設置しないでください。

1 火災発生危険がある場所

  ・厨房などの火気を使用する場所

  ・電球の付近

2 避難上支障がある場所

  ・避難口や誘導灯が見えにくくなる場所

3 消防用設備等に影響がでる場所

  ・スプリンクラー設備のスプリンクラーヘッドの近く

  ・自動火災報知設備の感知器の近く

※シート設置に際してご不明な点がありましたら、消防本部予防課までご相談ください。

   また、以下のリンクより、総務省消防庁の作成したリーフレットも参考にしてください。

  https://www.fdma.go.jp/mission/prevention/items/himatsuboushi_leaflet.pdf