コロナウイルス感染症の患者の発生状況

コロナウイルス感染症の患者の発生状況
(2021年5月14日更新)

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について 5月14日 現在


本日分(人)  合計(人)  
陽性患者数            41 1,922

岐阜市保健所で検査を実施したものを表示しており、岐阜県が発表する岐阜市在住の患者の方の情報は含まれておりません。

岐阜県が発表している、岐阜県全体の患者の発生状況はこちらをご覧ください。

(岐阜県公式ホームページ)

   

市内の感染者の発生状況一覧

 

・5月14日 市1882(県7047)例目~市1922(県7161)例目の患者の発生について

・5月13日 市1844(県6917)例目~市1881(県7021)例目の患者の発生について

      訂正報

      第2報

・5月12日 市1810(県6784)例目~市1843(県6898)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

・5月11日 市1777(県6655)例目~市1809(県6749)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

      第4報

・5月10日 市1744(県6537)例目~市1776(県6630)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

      第4報

・5月9日   市1716(県6477)例目~市1743(県6509)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

      第4報

・5月8日   市1682(県6310)例目~市1715(県6405)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

・5月7日   市1639(県6169)例目~市1681(県6268)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

      訂正報

      第4報

・5月6日   市1618(県6096)例目~市1638(県6141)例目の患者の発生について

                 訂正報

      第2報

      第3報

・5月5日   市1599(県6032)例目~市1617(県6077)例目の患者の発生について

                      第2報

                    第3報

                  第4報

・5月4日   市1582(県5982)例目~市1598(県6013)例目の患者の発生について

        第2報

                  第3報

      第4報

・5月3日   市1567(県5952)例目~市1581(県5974)例目の患者の発生について

                  第2報

                  第3報

                  第4報

・5月2日   市1541(県5868)例目~市1566(県5903)例目の患者の発生について

                第2報

                  第3報

                  第4報

                  第5報

      第6報

・5月1日   市1521(県5768)例目~市1540(県5848)例目の患者の発生について

                第2報

      第3報

・4月30日 市1509(県5732)例目~市1520(県5751)例目の患者の発生について

・4月29日   市1495(県5663)例目~市1508(県5712)例目の患者の発生について

      第2報

      第3報

・4月28日 市1478(県5599)例目~市1494(県5649)例目の患者の発生について

・4月27日 市1465(県5549)例目~市1477(県5587)例目の患者の発生について

                第2報

・4月26日 市1455(県5519)例目~市1464(県5538)例目の患者の発生について

        第2報

・4月25日 市1446(県5484)例目~市1454(県5511)例目の患者の発生について

・4月24日 市1430(県5427)例目~市1445(県5460)例目の患者の発生について

・4月23日 市1423(県5384)例目~市1429(県5416)例目の患者の発生について

・4月22日 市1409(県5334)例目~市1422(県5366)例目の患者の発生について

      第2報

・4月21日 市1402(県5300)例目~市1408(県5330)例目の患者の発生について

            第2報

・4月20日 市1392(県5263)例目~市1401(県5295)例目の患者の発生について

                 第2報・訂正報

・4月19日 市1389(県5237)例目~市1391(県5259)例目の患者の発生について

                 第2報

・4月18日 市1383(県5229)例目~市1388(県5234)例目の患者の発生について

・4月17日 市1375(県5182)例目~市1382(県5213)例目の患者の発生について

・4月16日 市1364(県5129)例目~市1374(県5180)例目の患者の発生について

・4月15日 市1359(県5097)例目~市1363(県5122)例目の患者の発生について

・4月14日 市1352(県5065)例目~市1358(県5081)例目の患者の発生について

               第2報

・4月13日 市1347(県5033)例目~市1351(県5057)例目の患者の発生について

・4月12日 市1345(県5024)例目~市1346(県5025)例目の患者の発生について

・4月10日 市1337(県4986)例目~市1344(県4994)例目の患者の発生について

・4月9日   市1326(県4965)例目~市1336(県4984)例目の患者の発生について

・4月7日   市1317(県4925)例目~市1325(県4937)例目の患者の発生について

                 第2報

・4月6日   市1309(県4907)例目~市1316(県4922)例目の患者の発生について

・4月5日   市1307(県4897)例目~市1308(県4902)例目の患者の発生について

・4月4日   市1302(県4886)例目~市1306(県4894)例目の患者の発生について

・4月3日   市1294(県4868)例目~市1301(県4875)例目の患者の発生について

・4月2日   市1286(県4853)例目~市1293(県4864)例目の患者の発生について

・4月1日   市1283(県4844)例目~市1285(県4849)例目の患者の発生について

 

 令和2年度はこちら


海外から帰国される皆様へ

海外から帰国された方で、身体に不調を感じた場合は、かかりつけ医等の身近な医療機関に電話でご相談ください。

 

皆様へのお願い

 再びの感染拡大を防ぐには、これからも皆さまのご協力が必要です。

''with corona''の考え方のもと、感染防止を土台にした''新しい生活''への見直しをお願いいたします。

 

 

「人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い・手指消毒」「3密回避」などの感染防止対策を徹底してください。

 

体調不良のときは、外出をしないください。

県をまたぐ移動は慎重に判断してください。

感染リスクの高い行事(歓送迎会、新歓コンパ、花見の宴会、飲食を伴う謝恩会など)は回避してください。

感染リスクの高い飲食(マスク無しでの会話、長時間、大人数、大声を出す)は回避してください。

卒業旅行(大規模会食の回避が徹底されないもの)は、自粛・延期してください。

 

国内で発生している集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

 

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにかかりつけ医等の身近な医療機関に電話でご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

 

 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

 ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

・上記以外で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状に個人差がありますので、強い症状と思う場合

はすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

○妊婦の方へ

 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医等の身近な医療機関にご相談ください。

 

○お子様をお持ちの方へ

 小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

 

 ※なお、これらは相談・受診する目安となります。検査については、これまでどおり医師が個別に判

断します。