「岐阜市学校施設長寿命化計画」について

「岐阜市学校施設長寿命化計画」について
(2020年4月1日更新)

「岐阜市学校施設長寿命化計画」の策定について

 本市の学校施設は老朽化が進んでおり、大規模改修や改築(建替え)に伴う多額の費用が必要となってきています。一方で、今後は人口の減少による税収減や高齢化による社会保障費の増加により、一層厳しい財政状況となることが予想されます。

 今後、学校施設が一斉に大規模改修や更新期を迎える中、今後見込まれる施設の維持・更新コスト、将来の財政状況を勘案し、必要な学校施設を適切に維持できるよう、令和2年度(2020年度)からの30年間の対応方針と今後5年間の整備方針を示すことを目的とし、本計画を策定しました。

岐阜市学校施設長寿命化計画