岐阜市第三次公立保育所民営化基本計画を策定しました

岐阜市第三次公立保育所民営化基本計画を策定しました
(2020年5月28日更新)

   本市では、限られた財源の中、今後の待機児童対策や保育環境の充実、保護者の選択の幅の拡大などを実現するため、「民間にできることは民間に任せる」という基本原則に基づき、平成14年度から第一次公立保育所民営化、平成20年度から第二次公立保育所民営化として取り組んできた公立保育所の民営化を再開することとして、「第三次公立保育所民営化基本計画」を策定しました。

計画の目的

 1 多様化する保育ニーズに対応すべく、保育環境を充実し、働く保護者を支援する。
 2 創意工夫による独創的かつ個性的な保育園等の運営を支援することにより保護者の選択の幅の拡大を図る。
 3 老朽化した園舎の建替えを実施し、良質な保育環境を整備する。
 4 増加する本市の財政負担に対応しつつ、子育て支援の充実を図るため、行政のスリム化を推進する。

計画書

 岐阜市第三次公立保育所民営化基本計画(概要)( pdf : 352KB )
 岐阜市第三次公立保育所民営化基本計画( pdf : 4279KB )