新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法にご注意ください

新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法にご注意ください
(2020年3月19日更新)

市民の皆様へ

・全国で新型コロナウイルスに便乗した悪質な勧誘が確認されています。

・心当たりのない団体や相手からの怪しい電話やメール等が届いても、対応しないように注意してください。

・不審に感じたり、万が一トラブルにあった場合は、最寄りの警察署や消費生活センターに相談してください。

《全国の事例》

・新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる。そのため個人情報の登録が必要だと言われた。

・ネットショップでマスクや小型の空気清浄機などを注文したが、商品が送られてこない。

・新型ウイルスの調査や助成金が出ると公的機関を偽って個人情報を聞かれた。

・「水道管にコロナウイルスが付着しており、これを除去するのにお金がかかる」と水道業者を名乗る者から電話があった。

 〈参考〉

 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!速報第3弾(国民生活センター)〈外部サイト〉

 新型コロナウイルスに便乗した架空の”マスク販売広告メール”にご注意!速報第2弾(国民生活センター)〈外部サイト〉

 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!速報(国民生活センター)〈外部サイト〉