新型コロナウィルス感染症に関連して

新型コロナウィルス感染症に関連して
(2020年5月7日更新)

 新型コロナウィルス感染症に関連して、当初は、中国から帰国された方々や、我が国に居住する外国人の方々等に対して誤った情報に基づく不当な差別、偏見、いじめ等が心配されました。その後、国内における感染拡大による緊急事態宣言が出される一方で、感染者や濃厚接触者をはじめ、感染リスクのある仕事に従事する人々への偏見や差別の防止の徹底を求められています。

 関係省庁からの発信に基づき、新型コロナウィルス感染症に関する正確な情報を入手するように努めましょう。

 また、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題については、法務省の人権擁護機関に相談することができます。

 ○ みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

  0570-003-110(平日、午前8時30分から午後5時15分まで)

 ○ 子どもの人権110番

  0120-007-110(平日、午前8時30分から午後5時15分まで)

 ○ 外国語人権相談ダイヤル

  0570-090911 (平日、午前9時から午後5時まで)