宇佐の家

宇佐の家
(2020年1月20日更新)

景観奨励賞《まち景観建築物部門》

 宇佐の家

物件情報

【所在地】 宇佐1丁目
【所有者】 馬淵 正敏
【設計者】 臼井建築都市研究所
【施工者】 株式会社 ヤマジョウ建設

講評

石井 浩二 委員

 近年の土地区画整理事業によって生まれたまちに建つ住宅。周辺は田畑や空き地が残る新しい住宅地である。
 道路沿いには芝生の駐車スペースや四季を彩る植栽が植えられている。
 駐車スペースと庭を隔てる塀の上部は木格子で作られており、道路からも庭先での家族の楽しい生活がゆるやかに伺い知れる。
 母屋は2階建てだが屋根の形状や配置の工夫により圧迫感がなく、道路から見上げる空が広く感じられる。
 それらは、新しいまちへの優しい配慮のように思われる。
 駐車スペースの隣りには、とんがり屋根の小屋が建つが、これは庭仕事の道具や遊び道具などを仕舞うスペースで、道路からの景観のアクセントにもなっている。
 新しい住宅地は同じような風景の連続となりがちだが、豊かな自然環境と都市部が混在する岐阜のまちに馴染み、周辺のまちの形成に小さいながらもポジティブな影響を生み出す力を感じた。