令和2年度岐阜市市民生活部の目標とその取り組みをお知らせします

令和2年度岐阜市市民生活部の目標とその取り組みをお知らせします
(2020年11月26日更新)

1. 市民生活部の目標

窓口サービスの向上と安全・安心な暮らしの実現

  • 事務所を核とする都市内分権構想の実現
  • 新庁舎のワンストップ窓口の構築
  • 犯罪被害者に対する、きめ細かい支援

2.部内の構成、職員数等  

   市民生活部長                   長屋 敏樹
         市民生活部次長兼都市内分権推進審議監兼市民課長  田島 弘詞

課の名称    

所属長氏名 職員定数  非常勤職員等
市民生活政策課 和田 恵美子 8人 2人
防犯・交通安全課 小林 繁 5人 7人

消費生活課

阿部 光宏 4人 7人
柳津地域事務所 中島 有司 5人 5人
市民課 田島 弘詞 35人 11人
西部事務所 田中 日出雄 5人 7人
東部事務所 田中 恭司 4人 6人
北部事務所 林 利光 6人 8人
南部東事務所 白木 宏明 6人 11人
南部西事務所 柿内 洋文 7人 8人
日光事務所 井上 実 5人

6人

国保・年金課 石神 敬文 42人 29人
斎苑 山本 典由 5人 9人

※上記職員数には、部長・参与を含みます。ただし、特別職の職員は含みません。

※「非常勤職員等」は、会計年度任用職員を指します。

※上記職員数は、2020年4月1日現在のものです。

 

3.市民生活部の仕事と課題など

 市民生活部の取り組み(令和2年度)( pdf : 236KB )

 市民生活部の取り組み(令和元年度)( pdf : 224KB )