当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用した消費者に身体被害が生じていることについて

「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用した消費者に身体被害が生じていることについて
(2019年9月17日更新)

 消費者庁では、「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用したところ、下痢等の体調不良が生じたという事故情報が短期間に急増していることから、今後の消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため、注意を呼び掛けています。

ケトジェンヌについて

 「ケトジェンヌ」は、株式会社e.Cycle(本社:東京都渋谷区)が平成31年3月から販売しているカプセル形状の健康食品で、主にインターネット上で販売されています。

 消費者庁の事故情報データバンクには、「ケトジェンヌ」に関する身体被害に係る事故情報が令和元年4月以降89件登録されており、本年7月以降の登録件数が増加しています。被害の内容として、サプリメントを飲んだら下痢になった、おなかの調子が悪くなったといった消化器障害に分類されるものが多くを占めています。

 「ケトジェンヌ」を使用する場合は、身体被害が生じ得ることに御留意ください。また、当該商品の使用後に下痢等の体調不良が生じた場合は、速やかに使用を控えた上で、医療機関を受診するとともに保健所に相談するようにしてください。

関連情報

「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用した消費者に身体被害が生じていることについて(消費者庁)

「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用した消費者に身体被害が生じていることについて(PDF)(消費者庁)