当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

新たに認可外保育施設設置届出が必要になる施設について

新たに認可外保育施設設置届出が必要になる施設について
(2019年9月9日更新)

 

新たに認可外保育施設設置届が必要になる施設について

児童福祉法施行規則が改正されたことに伴い、以下の認可外保育施設について、令和元年7月1日より届出が必要になります。

 

対象施設

 

次に掲げる乳幼児のみの保育を行う施設であって、その旨が約款その他の書類により明らかであるもの。

 

1事業主が雇用する労働者の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該事業主が雇用する労働者の乳幼児

2事業主団体がその構成員である事業主の雇用する労働者の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該事業主団体の構成員である事業主の雇用する労働者の乳幼児

3厚生労働大臣が定める組合等がその構成員の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該組合の構成員の乳幼児

 

届出期間

 

令和元年7月1日時点で設置している施設は、令和元年9月30日までに届け出てください。

 

令和元年7月1日以降に新設する場合は、事業開始の日から1か月以内に届け出てください。

資料

平成31年厚生労働省令第47号.pdf( pdf : 65KB )

 届け出義務のない施設について

児童福祉法施行規則の改正後も届け出義務がない施設は、次に掲げる乳幼児のみの保育を行う施設であって、その旨が約款その他の書類により明らかであるものになります。

 

1店舗その他の事業所において商品の販売又は役務の提供を行う事業者が商品の販売又は役務の提供を行う間に限り、その顧客の監護する乳幼児を保育するために自ら設置する施設又は当該事業者からの委託を受けて当該顧客の監護する乳幼児を保育する施設にあっては、当該顧客の監護する乳幼児。

 

2親族間の預かり合い

 

3設置者の親族又はこれに準ずる密接な人的関係を有する者の監護する乳幼児

 

4一時預かり事業・病児保育事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児

 

詳細については、お問い合わせください。