当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

中部学院大学及び中部学院大学短期大学部との地域活性化に関する包括連携協定

中部学院大学及び中部学院大学短期大学部との地域活性化に関する包括連携協定
(2019年5月10日更新)

令和元年5月8日(水曜日)、岐阜市と中部学院大学及び中部学院大学短期大学部は、地域活性化に関する包括連携協定を締結いたしました。

協定式写真

地域活性化に関する包括連携協定の概略

出席者

  • 岐阜市:市長 柴橋 正直
  • 学校法人岐阜済美学院 中部学院大学 学長:古田 善伯
  • 学校法人岐阜済美学院 中部学院大学短期大学部 学長:片桐 多恵子

目的

多様な分野で包括的な連携と協力関係を築き、地域の課題に適切に対応し、協働による事業を推進することにより、活力ある地域社会の形成・発展や未来を担う人材育成など地域社会に寄与することを目的としています。

連携内容

(1)地域福祉の向上に関すること
(2)教育、子育て支援に関すること
(3)健康づくりに関すること
(4)まちづくり、地域の活性化に関すること
(5)人材育成に関すること
(6)前各号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要な事項に関すること

期間

協定締結日(2019年5月8日)から3年間とする。ただし、申し出がない場合には1年間更新とし、その後も同様とする。

協定書

地域活性化に関する包括連携協定書( pdf :385KB )