政策総点検

政策総点検
(2020年10月6日更新)

政策総点検


 平成30年度、行政の継続性を尊重しながら、新たな施策の実現に向けて、既存の事務事業を対象に、棚卸しの意味も含め、「地域や社会・時代のニーズにマッチしているか」等の観点から政策総点検を実施しました。
 人口減少など厳しい変化の時代を迎える中、その変化に対応し限られた予算を有効に活用するため、事務事業の見直しについて、丁寧に議論を積み重ねてきました。
 これからも、市民の皆さんとともに成果をあげる方法を考えながら、事務事業の改善に努めてまいります。

最終報告(平成31年2月18日)

     最終報告

進捗状況(令和2年9月1日時点)

   政策総点検の結果、「見直しの方針(「改善」「廃止」)」となった事務事業160件(「改善」113件、「廃止」47件)の見直しの進捗状況は以下のとおりです。

区分

事務事業数₍件₎

進捗度内訳
 改善・廃止済₍件₎ 割合₍%₎  改善・廃止予定₍件₎ 割合₍%₎ 
「改善」  113 103  91.2 10 8.8
「廃止」 47  45 95.7  2  4.3
合計  160  148 92.5  12  7.5