岐阜市のオープンデータの取り組みについて

岐阜市のオープンデータの取り組みについて
(2019年3月7日更新)

岐阜市のオープンデータの取り組みについて

 オープンデータとは、公共データを以下のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータを指します。
  ・営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  ・機械判読に適したもの
  ・無償で利用できるもの

 岐阜市では、県および県内42市町村と合同で、共通フォーマット化した指定緊急避難場所などのデータを公開しています。
 データをご利用される方は下記からご利用ください。

「岐阜県オープンデータカタログサイト」(岐阜市データセット)