当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

感震ブレーカーで地震時の電気火災対策を!

感震ブレーカーで地震時の電気火災対策を!
(2019年2月1日更新)

地震が引き起こす電気火災を防ぎましょう ~感震ブレーカーのすすめ~

 

地震が引き起こす電気火災とは?

・地震の揺れによって、転倒した電気機器などから発生する火災
・停電が復旧し、電気機器に再度電源が入ることによって発生する火災
・家具の転倒などにより損傷した電気コードがショート(短絡)して発生する火災
などのことです。

感震ブレーカーとは?

地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止めるものです。
地震が引き起こす火災を防ぐことに役立ちます。

リーフレット

 感震ブレーカーについて、詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。
 (内閣府、消防庁、経済産業省発行のリーフレット)  

 感震ブレーカーに関するリーフレット1(PDFファイル)
 (↑クリックすると開きます↑)
 
  感震ブレーカーに関するリーフレット2(PDFファイル)
 (↑クリックすると開きます↑)