主権者教育用リーフレットについて

主権者教育用リーフレットについて
(2019年12月18日更新)
岐阜市選挙管理委員会と岐阜県若者の選挙意識を高める会(※岐阜大学を拠点に投票率向上等を目指し、主権者教育推進活動を行う大学生有志)で主に小学校6年生を対象とした主権者教育用リーフレット「選挙について考えてみよう!」を協働して作成しました。
なお、小学6年生を対象に作成していますが、小学生低学年や中学生以上にも応用して活用いただけます。

本リーフレットで扱う主な内容とねらい

■投票先の選択(リーフレット中面 左ページで主に取扱い)

・候補者の主張の長所・短所を自分なりの視点を持って整理し、自分の価値観から投票先を選択することができる

・多様な価値観、モノの見方があることを認識し、肯定できる

選挙後の取り組みついて「幸せに繋がるか」という観点で関心を持つ(リーフレット中面 右ページで主に取り扱い)

・選挙後に具体的な取り組みが始まる(選挙は取り組みの方向性を定める意思決定の手段)

・選挙後の取り組みに関心をもち、参画することで、取り組みが力強くなり、幸せ(暮らしの向上)に繋がる

・選挙後の各候補者の取り組み姿勢を評価することで、次の選挙に活かすことができる

■基本的な投票方法の理解(リーフレット裏表紙で主に取扱い)
 ・投票は簡単な手続きで行えることを理解する
<詳しくは下のリンク先より「主権者教育用リーフレット(活用方法編)」をご覧ください>

アンケートご協力のお願い

リーフレットは主権者教育の推進のため、自由にご活用していただいて構いませんが、アンケートにご協力いただければ幸です。いただいたアンケートの回答は、岐阜県若者の選挙意識を高める会と共有し、今後の主権者教育推進の参考とさせていただきます。

下のリンク先よりダウンロードできます。
主権者教育用リーフレット
主権者教育用リーフレット(活用方法編)

リーフレットを用いた授業指導案(例)<pdf版>

リーフレットを用いた授業指導案(例)<word版>

アンケート(是非ご協力ください)