当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

スプレー缶・カセットボンベの火災にご注意!

スプレー缶・カセットボンベの火災にご注意!
(2018年12月20日更新)

スプレー缶・カセットボンベの火災危険について

殺虫剤、ヘアスプレー、虫除けスプレーや消臭スプレーなど、いわゆる「スプレー缶(エアゾール缶)」には可燃性ガスが含まれています。
様々な場面で使用するスプレー缶は、正しく使用しないと大きな火災や事故等になってしまう恐れがあります。また、カセットこんろで使用するボンベ(カセットボンベ)も、使用方法を間違えると破裂、火災の危険があります。

 

使用する際の注意点

スプレー缶・カセットボンベの中には、可燃性ガスが含まれています

・ストーブ、こんろなど、火気等の近くで使用しない。
一度に大量に使用しない。

このほか、スプレー缶等に記載されている使用上の注意等をよくご確認の上、安全に使用してください。
スプレー缶火災イラストスプレー缶火災イラスト

<スプレー缶の不適切な取り扱いによる火災事例>
台所でスプレーの余ったガスを放出していた時に、ガスこんろに点火したところ、火災となった。
石油ファンヒーターのすぐ近くに置いてあったスプレー缶が熱せられ破裂し、火災となった。
・ストーブの近くで殺虫剤スプレーを放出し火災となった。

<カセットボンベによる火災事例>
ガステーブルの上にカセットこんろを置いていたところ、誤ってガステーブルが点火され、カセットボンベが熱せられて破裂し、火災となった。
 
このほかにも、ガス漏れや熱せられたボンベの破裂や火災の危険を防ぐため、下記に注意しましょう。

・カセットボンベの上部を鍋や鉄板でふさぐような使い方をしない。
(こんろ本体よりも大きな鍋や大きな鉄板を使用したり、カセットこんろを複数並べて使用しない。)
・使用中のカセットこんろのすぐ近くに予備ボンベを置かない。
・ボンベは正しく装着する。

 安全に適切に廃棄しましょう

・中身(ガス)を完全に使い切って捨てる。
・ガス抜きは、屋外の火の気のない安全な場所で行う。
一度に大量のガス抜き(放出)は行わない。

これらのほかにも、お住いの市町のごみ出しルールを守って、安全に適切に廃棄しましょう。

 【参考ページ】管内の市町のごみ出しルール

岐阜市のごみ出しルール
瑞穂市のごみ出しルール
山県市のごみ出しルール
本巣市のごみ出しルール
北方町のごみ出しルール

 

その他 参考となるページ

スプレー缶による事故(注意喚起の動画など)(製品評価技術基盤機構(NITE)のページ)
スプレー缶による事故の防止について(注意喚起)(製品評価技術基盤機構(NITE)のページ)