当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

任意予防接種

任意予防接種
(2018年10月5日更新)

任意予防接種について

 予防接種法に基づく定期予防接種として定められた対象期間を外れて接種をする場合や任意の予防接種を受ける場合は、予防接種法に基づかない接種(任意接種)として取り扱われます。
 その接種で健康被害を受けた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済(医薬品副作用被害救済制度)を受けることになりますが、予防接種法による救済とは内容が異なります。

岐阜市行政措置予防接種について

 岐阜市が指定した予防接種を、指定された予防接種協力医療機関で接種した場合、行政措置の予防接種となります。
 重篤な副反応による健康被害が起きた場合は、医薬品副作用被害救済制度や岐阜市の健康被害救済制度が適用される場合があります。 

 現在、下記一覧表の任意予防接種が岐阜市行政措置予防接種の対象となっています。

 岐阜市行政措置予防接種の種類と対象者一覧表

 予防接種協力医療機関の詳細については、下記までお問合せください。