セーフティネット保証4号の認定について(自然災害等関連)

セーフティネット保証4号の認定について(自然災害等関連)
(2020年9月4日更新)

セーフティネット保証4号の認定について(自然災害等関連)

 岐阜市では、中小企業信用保険法第2条第5項の規定により、経営の安定に支障を生じている中小企業者を支援するためのセーフティネット保証制度の認定業務を行っていますが、先般発生した新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号の認定業務を開始しました

  指定期間:令和2年2月18日から令和2年12月1日まで

   ※延長されました。詳しくは、外部サイト(中小企業庁HP)をご参照ください。

 セーフティネット保証4号の認定を受けることで、一般保証とは別枠の信用保証協会の保証(保証割合100%)を利用することが可能となります。具体的には、経営の安定に支障をきたしている中小企業者に対し、主たる事業所(本店)の所在地を管轄する市町村長が認定をなすことによって、信用保証協会の普通保証(個人・会社2億円以内、組合4億円以内)無担保保証(8,000万円以内)無担保無保証人保証(2,000万円以内)の限度額が倍額に増える制度です。

 融資に当たっては、市町村長の認定とは別に、金融機関及び保証協会による審査があります

中小企業庁サイト>>

認定要件

1. 岐阜市において1年以上継続して事業を行っていること。
2. 自然災害等の発生に起因して、当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1ヶ月の売上高等が災害等発生直前の同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が災害等発生直前の同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

※前年実績の無い創業者の方や、前年以降店舗増加や業容拡大を行った等の要因により、単純な前年比較が出来ない事業者の方々については、 認定基準が緩和されています。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。new


必要書類

お知らせnew

今般、新型コロナウイルス感染症にかかるセーフティネット保証の認定申請が急増する中、事業者の皆様への資金供給の円滑化、迅速化を図り、利便性を向上させるべく、制度を取り扱う金融機関の皆様と連携し、5月25日(月曜日)以降、 金融機関による代理申請 を原則とすることとなりました。

認定申請を行われるご予定の方については、まずお取り扱い金融機関にご相談頂き、代理申請をご検討頂きますようお願い申し上げます。

なお、窓口に来られる際には、予約制としておりますので、事前に下記お問い合わせ先(経営支援係)までご連絡ください。

  1. 認定申請書( docx : 27KB )
  2. 月別売上表( xls : 45KB )
  3. チェックリスト( xls : 43KB )
  4. チェックリスト内記載の必要書類
  5. 委任状( docx : 17KB ) ※金融機関の方に委任し申請を行う場合は、こちらの委任状をお使いください。

留意事項

1. 本認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。
2. 岐阜市長から認定を受けた後、本認定の有効期間内に金融機関又は信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申込みを行うことが必要です。

重要なお知らせnew

 <認定書について>

 有効期限は原則30日間です。

 ただし、5月1日から7月31日までに発行された認定書の有効期間については8月31日までとなります

 また、1月29日から4月30日までに発行済の認定書の有効期限は、8月31日までと読み替えます

 なお、認定書は原本だけでなく、コピーでの対応も可能です。