当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について
(2020年4月1日更新)

 

 岐阜市では下記の方を対象とした肺炎球菌感染症予防接種を実施しております。(今までに一度でも23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人は対象外)

 肺炎球菌に感染すると肺炎などをおこし、特に高齢者では重症化して入院となったり生命にかかわることがあります。予防接種を受けて、病気に負けない健康な毎日を過ごせるようにしましょう。
 

対象者

岐阜市に住民登録があり

(1)令和2年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人

(2)60~64歳で心臓・腎臓・呼吸器の機能障害またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害がある人で、身体障害者手帳1級をお持ちの人
(1)、(2)の人であって、これまでに、公費・自費に関係なく肺炎球菌ワクチン(23価)を1回も接種したことがない人
(注)2回目の接種が必要かどうかは、かかりつけ医にご相談ください。

         ただし、1回でも接種したことがある人は、定期接種として受けることができません。

接種回数

1回

接種費用

自己負担4,070円 ※医療機関の窓口でお支払ください。
(ただし、生活保護世帯の人は無料です)

実施機関

 岐阜市内の下記委託医療機関

令和2年度委託医療機関一覧( pdf : 465KB )

※接種時には、氏名・住所・年齢が確認できるもの(健康保険証など)を提示してください。上記対象者(2)に該当する人は、身体障害者手帳を提示してください。


市外で予防接種をご希望の方

 
定期予防接種対象の方(※表)で、市外で定期予防接種を希望される方は以下をご覧ください。→市外で定期予防接種を希望される方へ

※表:令和2年度の対象者 

対象区別 

 生年月日

年齢 

 定期

 大正9年4月2日~大正10年4月1日

100歳となる方 

 定期

 大正14年4月2日~大正15年4月1日

 95歳となる方

 定期

 昭和5年4月2日~昭和6年4月1日

 90歳となる方

 定期

 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日

 85歳となる方

 定期

 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日

 80歳となる方

 定期

 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日

 75歳となる方

 定期

 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日

 70歳となる方

定期 

 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日

 65歳となる方

 定期

 60歳以上65歳未満(接種時満年齢)で心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能障害又は

ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害で、身体障害者手帳の1級を持って

いる人

<参考>
‣厚生労働省「肺炎球菌感染症(高齢者)」