当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

東部クリーンセンター粗大ごみ処理施設の運営・維持管理業務におけるPPP/PFI手法導入の評価結果

東部クリーンセンター粗大ごみ処理施設の運営・維持管理業務におけるPPP/PFI手法導入の評価結果
(2019年4月12日更新)
 東部クリーンセンター粗大ごみ処理施設の運営・維持管理業務について、「岐阜市PPP/PFI手法導入優先的検討に関する指針」(以下、「岐阜市優先的検討指針」とする。)に基づき、PPP/PFI手法導入の適否について評価を行いました。
 専門的な外部コンサルタントを活用して、詳細な費用の比較、運営の安全性・安定性等について評価を行った結果、本事業はPPP/PFI手法の導入に適さない事業であると評価され、従来方式による公営方式での運営・維持管理を行うことといたしました。
 岐阜市優先的検討指針に基づき、以下のとおりPPP/PFI手法導入の適否の評価結果を公表します。
 なお、本事業は災害復旧事業であり、施設の建設事業については、施設の早期復旧を優先して、契約手続きに時間を要するPPP/PFI手法を導入せず、従来方式である性能発注方式を採用することとしています。

 事業名  東部クリーンセンター粗大ごみ処理施設復旧事業
(施設の運営・維持管理)
 公表日  平成30年3月29日
 検討種別  詳細な検討
 事業目的  東部クリーンセンター粗大ごみ処理施設の早期復旧を
 目指し、新たな施設の運営・維持管理を行うことを目
 的とする。
 評価結果  従来手法による実施
 定量評価調書  別紙のとおり( pdf : 386KB )
 担当課  環境部 環境施設課(電話 058-214-2167)