当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成30年度岐阜市景観賞受賞物件が決定しました。

平成30年度岐阜市景観賞受賞物件が決定しました。
(2019年1月21日更新)

平成30年度岐阜市景観賞

このたび、魅力あるまちづくりへの寄与ならびに市民の皆様の景観に対する意識を深めていただくことを目的として、岐阜市景観条例に基づく表彰制度である「岐阜市景観賞」の選考を実施しましたので、結果をお知らせします。

 

平成30年度岐阜市景観賞 受賞物件

景観賞

風景・まちづくり部門
屋外広告物部門

景観奨励賞

建築物部門
風景・まちづくり部門
屋外広告物部門

平成30年度岐阜市景観賞 総評

岐阜市景観賞選考委員会 委員長  伊藤 栄一

 

 みなさまにとって岐阜市は住みよいまち・素敵なまちですか?
 さて、「素敵なまち」と言っても、その尺度は様々ですね。私たちは、その尺度の一つとして「景観」を考えています。ここで言う景観は、建物の並びや自然の姿などの「見た目」にとどまらず、そこに生きる人々のくらしの様や活動の姿なども含めた「まちの表情」と考えています。岐阜市景観賞は、こうした「表情」を掘り起こし、評価し、みなさまと共有していく機会ととらえています。
 本賞も22回を迎え、毎年100件を超えるご応募をいただいているところです。この応募数もみなさまとの「景観の共有」を測る大事な尺度ですので、選考委員としては、応募数の多さに悲鳴を上げながらも、「嬉しい限り」と感じています。しかしながら、実際の選考にあたって市内を回っていると、「これも候補に挙げると良いのに・・」と思える物件に、まま遭遇します。「まだまだ、情報発信が不足しているのだなぁ」と反省しきりでもあります。
 さて、本年は、衆目を集めるような目立った物件には出会えませんでした。しかし、街中でキラッと光るような物件を多数発見させていただくことができたように思います。お金をかけなくても、チョットした創意工夫で「まちの表情」を輝かせてくれる、そうした取り組みこそが、市民のみなさまと景観を創っていく上での「良き事例」となっていくのではないかと感じているところです。
 「景観賞」をきっかけにして、「素敵なまち岐阜づくり」が進んでいけばと願っておりますとともに、みなさまにもっと関心を持っていただけるような「景観賞」へとブラッシュアップできるよう努力していきたいと選考委員一同考えております。そんな視点で「景観賞」をとらえていただければ幸いです。

 

選考過程

  1. 募集期間

    平成30年7月1日から平成30年8月31日まで

  2. 応募件数
    • 応募総数 ……………… 103件  ※ 重複有
    • 応募物件数 …………… 96件
      • 建築物部門 …………………… 40件
      • 風景・まちづくり活動部門 … 31件
      • 屋外広告物部門 ……………… 25件
  3. 各種法令審査
  4. 現地選考会

    平成30年10月23日

  5. 最終選考会

    平成30年10月25日

  6. 表彰式 
    • 日時 平成31年1月30日
    • 場所 みんなの森 ぎふメディアコスモス ドキドキテラス (司町40番地5)