当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

令和元年度岐阜市景観賞受賞物件が決定しました。

令和元年度岐阜市景観賞受賞物件が決定しました。
(2020年1月20日更新)

令和元年度岐阜市景観賞

このたび、魅力あるまちづくりへの寄与ならびに市民の皆様の景観に対する意識を深めていただくことを目的として、岐阜市景観条例に基づく表彰制度である「岐阜市景観賞」の選考を実施しましたので、結果をお知らせします。

令和元年度岐阜市景観賞 受賞物件

景観賞

都市景観建築物部門
屋外広告物部門

景観奨励賞

都市景観建築物部門
まち景観建築物部門
まちなみ景観保全部門
屋外広告物部門

令和元年度岐阜市景観賞 総評

岐阜市景観賞選考委員会 委員長  伊藤 栄一

 平成から令和へと元号が改まった本年、岐阜市景観賞もリニューアルいたしました。
 比較的サイズの大きな建築物を表彰する「都市景観建築物部門」と、それ以外の「まち景観建築物部門」、「まちなみ景観保全部門」、そして「屋外広告物部門」の4つのカテゴリーで、岐阜市の景観をリードする物件を選出することとなりました。
 「景観」は、言うまでもなく、単体の建築物等で形作られるものではありません。様々な構成要素の集合体の中で、一つ一つの建築物などが象徴的かつ調和的役割をはたすものとして存在してこそ「よい景観」が生み出されます。
 岐阜市景観賞は、景観を構成する様々な要素をバランスよく抽出し、みなさんが景観を意識し生み出していく一助になるような「物件」を選定しお示しすることと同時に「物件」の抽出過程に多くのみなさんに関わっていただくことで、岐阜市の素晴らしい景観を考え創り出していく機会づくりととらえています。
 今年の景観賞も約100件のご応募をいただき、選考する側として、その多さにいささか悲鳴を上げつつも、所期の目的の一つを実感できるものとして成果を感じているところです。また、4つのカテゴリーそれぞれにバランスよくご応募をいただき、リニューアルした景観賞の趣旨を満たせるものになったことに安堵しているところです。
 とは言え、岐阜市全体の景観をより良い方向へと進めていくためには、これで十分とは言えません。今回表彰された「物件」を、みなさまと一緒に噛みしめ、さらに「素敵なまち岐阜」を創造していくためのステップとさせていただければ幸いです。

選考過程

  1. 募集期間

    令和元年7月1日から令和元年8月31日まで

  2. 応募件数
    • 応募総数 ……………… 99件  ※ 重複有
    • 応募物件数 …………… 93件
      • 都市景観建築物部門…………… 40件
      • まち景観建築物部門 ……………45件
      • まちなみ景観保全部門 …………14件
      • 屋外広告物部門………………… 23件
  3. 各種法令審査
  4. 現地選考会

    令和元年10月17日

  5. 最終選考会

    令和元年10月24日

  6. 表彰式 
    • 日時 令和2年2月10日
    • 場所 みんなの森 ぎふメディアコスモス ドキドキテラス (司町40番地5)