当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

情報連携による添付書類の省略について

情報連携による添付書類の省略について
(2017年12月18日更新)

 平成29年11月13日よりマイナンバー制度による情報連携の運用が開始されました。

 情報連携の運用に伴い、自立支援医療費(精神通院)の申請時にマイナンバーを提出(※1)していただくことで以下の書類が省略可能となります。

※マイナンバーの提出がない場合は、書類の省略ができません。

 

 

●本人以外の保険証写し
 →加入している健康保険が「国民健康保険」、「後期高齢者医療」の方のみ省略可能。

  加入している健康保険が「国民健康保険組合」、「健康保険・共済」の方は変更ありません。
 今までどおり提出をお願いします。

 

●住民税額が確認できる書類

 →住民税額確認が必要な方のうち、1月1日に住民登録が岐阜市にない方。

  受給者本人以外で住民税額確認が必要な方がいる場合、その方のマイナンバーの提出をお願いします。

 

※加入している健康保険の種類により同一世帯内でも「住民税額確認が必要な方」の対象は異なります。

(1)国民健康保険・国民健康保険組合・後期高齢者医療制度

  同一世帯で同じ保険に加入している方全員分

(2)社会保険・共済等の健康保険

  被保険者分

 

●生活保護受給証明書

 

●住民票

(※1)マイナンバー確認書類と身元確認書類が必要です。

□マイナンバー確認書類
本人のマイナンバー通知カードなど1点(マイナンバーカード、マイナンバー入り住民票でもよいです。)

□身元確認書類
本人の精神障害者保健福祉手帳(写真付)など1点(運転免許証、パスポート、写真入住民基本台帳カードなどでもよいです。)

*身元確認書類がそろわないときは、以下の書類から2点でもよいです。下記の書類がそろわない場合も、ほかの書類で代用できる場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。
自立支援受給者証/健康保険証/介護保険証/住民票/生活保護受給証明書/年金手帳/医療受給者証など