当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
(2017年7月28日更新)

【重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について】

 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、SFTSウイルスを有するマダニに咬まれることにより感染し、主な初期症状は発熱、全身倦怠感、消化器症状で、重症化し死亡することもあります。多くの場合、マダニに咬まれてSFTSウイルスに感染すると考えられますが、マダニに咬まれた痕が見当たらない患者もいます。
 最近の研究で、SFTSウイルスに感染し、発症している野生動物やネコ・イヌなどの動物の血液からSFTSウイルスが検出されています。このことは、SFTSウイルスに感染している動物の血液などの体液に直接触れた場合、SFTSウイルスに感染することも否定できません。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(厚生労働省)

 

【予防対策】

 ネコなどの動物からSFTSウイルスに感染しないようにするためには、次の点に注意してください。
・動物を飼育している場合、過剰な触れ合い(口移しでエサを与えたり、動物を布団に入れて寝ることなど)は控えてください。動物に触ったら必ず手洗い等をしましょう。また、動物のマダニは適切に駆除しましょう。飼育している動物の健康状態の変化に注意し、体調不良の際には動物病院を受診してください。
・野生動物は、どのような病原体を保有しているか分かりません。野生動物との接触は避けてください。
・体に不調を感じたら、早めに医療機関を受診してください。受診する際は、ペットの飼育状況やペットの健康状態、また動物との接触状況についても医師に伝えてください。

【ネコやイヌからSFTSウイルスに感染する危険性】

 ヒトにSFTSウイルスを感染させるリスクのあるネコなどは、ヒトのSFTSで認められる症状を呈していたことが確認されており、健康なネコなどからヒトがSFTSウイルスに感染することはないと考えられます。また、屋内のみで飼育されているネコについては、SFTSウイルスに感染する心配はありません。


マダニが媒介する感染症に注意(岐阜市ホームページ)