当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

急な病気やけがをして 病院へ行く?救急車を呼ぶ?迷ったら

急な病気やけがをして 病院へ行く?救急車を呼ぶ?迷ったら
(2019年4月15日更新)

救急受診ガイド

 急な病気やけがで病院へ行くか、救急車を呼ぶか迷った時は、救急受診ガイドをご利用ください。
 当てはまる病気やけがの症状を選択することで、緊急度や病院受診の必要性について確認することができます。

 ・救急受診ガイド(外部リンク)

 ・公益社団法人 日本小児科学会『ONLINE QQ こどもの救急』(外部リンク)

 ・夜間や休日に受診できる病院を知りたい場合

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)

 
 急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」、「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」)が表示されます。
 その後、119番通報、医療機関の検索(厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができるようになっています。

利用について (外部リンク)
 
 ☆Web版 
 「Q助」Webサイト(外部リンク)

 ☆スマートフォン版
  「総務省消防庁ホームページ」 → 「救急お役立ちポータルサイト」 → 「全国版救急受診アプリ」から、
  ダウンロード可能です。

 ・「Apple Store」外部リンク
 ・「Google Play」外部リンク

 ※アプリは、iOS8以上のiPhone端末、Android4.4以上のスマートフォン・タブレット端末で利用可能です。

こんなときにはすぐに119番!!

  
 こんな症状が出たら、ためらわずに救急車を呼んでください。

 ・呼吸停止、心臓停止で人工呼吸または心肺蘇生が必要な人 

 ・呼吸困難の人 

 ・骨折をして動けない人 

 ・広範囲にわたって火傷をした人 

 ・けいれんが続いている人

 ・大出血などがあり、ショック症状がある人

 ・吐血や下血がある人

 ・頭を打つなどの理由で意識状態に異常がある人

 ・激しい頭痛、腹痛がある人

 ・手や足の一部または全部が麻痺している人
  
  こんなときにはすぐに119番!!(外部リンク)