当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

クロバネキノコバエについて

クロバネキノコバエについて
(2018年12月14日更新)

  岐阜市内で平成28年に大量発生して以降「クロバネキノコバエ」の発生情報が寄せられています。

 大量発生すると大変不快に感じる虫ですが、人を刺すなど直接被害を及ぼすことはありません。
 

成虫の生態

クロバネキノコバエクロバネキノコバエ
体長:1~2mm
体色:黒色~暗褐色

寿命:4~10日前後

・発生源は畑、プランター、野山などの腐葉土等と言われているが、現在のところ特定はされていない。

・一年中発生しているが、特に梅雨の時期に大発生することが多い。年によっては秋ごろにも発生する場合がある。

・雨が降った翌日が晴れると大量発生することが多い。

夜明けから10時ごろに大量発生する。

・白などの明るい色のもの(壁など)に集まりやすい。

対策 (屋内への侵入防止)

 ・窓やドアを締め切る。

 ・換気扇を自粛し、外からの空気の流入を避ける。

 ・網戸や窓枠に殺虫スプレーを噴霧しておく。

 ・屋外に扇風機を設置し、窓の横から送風し、虫が近寄れないようにする。

 

 広範囲への薬剤の散布は、自然環境への影響や健康被害の恐れがあるため避けましょう。

 <平成30年度の発生状況>

   6月下旬から、岐阜市北部の地域で発生情報が寄せられています。