当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

岐阜市競争入札参加資格審査(建設工事)に係る主観的事項審査要領(試行)(平成30年1月1日施行))

岐阜市競争入札参加資格審査(建設工事)に係る主観的事項審査要領(試行)(平成30年1月1日施行))
(2017年3月31日更新)

平成16年5月19日決裁

(趣旨)

第1条 この要領は、岐阜市入札参加資格者の格付の一層の適正性及び透明性を確保するため、建設工事に係る競争入札に参加する者の資格の審査(以下「岐阜市競争入札参加資格審査(建設工事)」という。)にあわせて行う各業者の経営事項審査の項目以外の項目を審査する主観的評価(以下「主観点数」という。 )に関し、必要な事項を定めるものとする。

(主観点数対象業者)

第2条 主観点数の対象業者は、毎年1月1日現在、岐阜市競争入札参加者選定要綱(平成13年6月1日決裁。以下「要綱」という。)第2条に規定する岐阜市競争入札参加資格者名簿(建設工事に限る。以下「資格者名簿」という。 )に登録されている者及び新規に資格者名簿に登録される者で岐阜市内の本店、支店又は営業所で登録しているものとする。

(申請書類)

第3条 主観点数について審査を受けようとする業者は、入札参加資格審査主観的事項審査申請書(別記様式)に別表第1に掲げる添付書類を添えて市長に提出するものとする。

(申請の時期)

第4条 前条の規定による申請の時期は、別に定める。

2 新規に岐阜市競争入札参加資格審査(建設工事)を受ける者にあっては、前条の規定による申請と要綱第3条の規定による申請を同時に行うものとする。

(主観点数の評価方法)

第5条 主観点数は、原則として前年の状況を評価する。

2 主観点数は、別表第2の左欄に掲げる評価項目ごとに定める同表の右欄の評価基準により算出した数値の合計により評価する。ただし、別表第2の3の項に規定する評価項目については、建設業法(昭和24年法律第100号)別表第1の上欄に掲げる建設工事の種類ごとに評価し、別表第2の8の項に規定する評価項目については、建設業法別表第1の上覧に規定する土木一式工事及び舗装工事についてのみ評価するものとする。

3 主観点数は、前条第1項の規定による申請期限までに申請がないものについては評価しない。ただし、別表第2の3の項、4の項及び8の項に規定する評価項目については、申請の有無にかかわらず評価する。

(主観点数評価名簿の作成時)

第6条 各業者の主観点数の評価に係る名簿(以下「主観点数評価名簿」という。 )は、毎年度4月1日現在で作成し、使用を開始する。

2 主観点数評価名簿の有効期限は、次の名簿が作成される日の前日までとする。

(主観点数評価名簿の公表)

第7条 前条の主観点数評価名簿は、帳票等による閲覧又はインターネットの岐阜市ホームページに掲示するものとする。

附則

(施行期日)

1 この要領は、平成16年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年度の申請の時期は、第4条第1項の規定にかかわらず、平成16年6月18日とする。

附則 (平成18年3月30日決裁)

この要領は、平成18年4月1日から施行する。

附則(平成19年3月30日決裁)

この要領は、平成19年4月1日から施行する。

附則(平成20年3月28日決裁)

この要領は、平成20年4月1日から施行する。

附則(平成21年12月10日決裁)

この要領は、平成22年4月1日から施行する。

附則(平成23年1月17日決裁)

この要領は、平成23年4月1日から施行する。

附則(平成26年10月31日決裁)

この要領は、平成27年1月1日から施行する。

附則(平成28年3月25日決裁)

(施行期日)
1 この要領は、平成29年1月1日から施行する。
(適用区分)
2 平成29年度の入札案件等に関する主観的評価については、この要領による改正後の岐阜市競争入札参加資格審査要領(試行)別表第2の8の項中「前年の1月1日から12月31日までの間に」とあるのは、「平成28年4月1日から同年12月31日までの間に」と読み替えて適用する。

附則(平成29年3月31日決裁)

 この要領は、平成30年1月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)( 167KB )
別表第2(第5条関係)( 207KB )
別紙様式1( 37KB )
別紙様式2( 42KB )