当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成27年 あなたが選ぶ市政10大ニュース(結果発表)

平成27年 あなたが選ぶ市政10大ニュース(結果発表)
(2015年12月16日更新)
平成27年12月1日から15日まで行った、はがき、インターネットおよび市役所市民ホールなどでのアンケート用紙による投票の結果、2015年の「岐阜市政10大ニュース」の順位が下記のとおり決定しました。なお、投票者総数は、2,682人でした。ご投票いただいた皆様、ありがとうございました。

【1位】 知・絆・文化の拠点「みんなの森 ぎふメディアコスモス」開館 みんなの森ぎふメディアコスモス
1,984票 岐阜市の新たなシンボル「みんなの森 ぎふメディアコスモス」が、名誉館長にノーベル物理学賞受賞者の益川敏英氏をお迎えし、7月18日に開館しました。知の拠点「市立中央図書館」(所蔵可能数約90万冊、席数約900席)、絆の拠点「市民活動交流センター」「多文化交流プラザ」、文化の拠点「みんなのホール」「みんなのギャラリー」などからなる複合施設として誕生。中でも中央図書館は、若い世代の利用者が増加し、開館から3カ月で来館者数は38万人、貸出冊数は36万冊を超えました。今後も市民の皆さんに親しまれる施設を目指します。
【2位】 「長良川の鵜飼漁の技術」が国重要無形民俗文化財に指定 長良川の鵜飼漁の技術
1,285票 ユネスコ無形文化遺産登録を目指す長良川鵜飼が、漁法の技術では日本で初めて国の重要無形民俗文化財に指定されました。長良川の鵜飼漁は、鵜と鵜匠が一体となって魚を捕る漁法です。流れの速い川を下りながら、たくさんの鵜を巧みに操る鵜匠の技術などが、わが国にとって特に重要であると評価されました。
【3位】 岐阜市新庁舎基本設計(案)がまとまる 新庁舎基本設計(案)
1,058票 岐阜大学医学部等跡地に建設予定の新庁舎について、基本設計(案)がまとまり、公表しました。岐阜市では、設計事業者を公募型プロポーザル方式で選定し、5月に(株)佐藤総合計画と市内企業2社で構成する設計共同体と委託契約を締結。その後、市民ワークショップやタウンミーティングをはじめ、さまざまな機会を設けて市民の皆さんのご意見を伺いながら基本設計(案)の作成を進めてきました。
【4位】 『「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜』が日本遺産に認定 日本遺産に認定
797票 自然環境を活かした城内外の眺望や長良川での鵜飼観覧による接待など、織田信長公が築き上げ、現在まで受け継がれた城・町・川文化の「おもてなし」のストーリーが、文化庁が本年度創設した「日本遺産」の第1号に認定されました。第1号には、岐阜市をはじめ歴史的魅力にあふれた文化財群をまとめた計18件が認定されました。
【5位】 全市立学校の普通教室・特別教室でエアコン稼働開始 エアコン稼働開始
659票 快適な学習環境を整えるため、市立学校の普通教室・特別教室へのエアコン導入を順次行ってきましたが、3月に全市立学校(小学校・中学校・幼稚園・特別支援学校・岐阜商業高等学校 )計73校でエアコンの設置が完了し、今夏より稼働を開始しました。
【6位】 岐阜市信長公450(ヨン・ゴー・マル)プロジェクト始動 岐阜市信長公450プロジェクト
500票 2017年に織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年を迎える岐阜市では、「信長公のまち岐阜市」のブランド化、観光誘客、地域経済の活性化を目指し、「岐阜市信長公450プロジェクト」を始動しました。7月には、官民一体となって取り組むため、岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会を設立しました。また、2017年までの残り日数を表示するカウントダウンボードを寄贈により設置したほか、岐阜市出身の小説家・早見俊さんによる織田信長公を主人公とした歴史ウェブ小説の連載を開始しました。
【7位】 「子ども未来部」を創設 子ども未来部
498票 「子育て環境によって選ばれるまち 岐阜市」を目指し、すべての子どもの幸せを願って、今年4月に新設されました。子どもや子育ての支援とともに、少子化対策を総合的に推進し、より専門性の高いサービスをワンストップで提供します。市民の皆さんが安心して子どもを産み育てられる、子育て環境の整備に一層取り組みます。
【8位】 岐阜市発の「白杖SOSシグナル」シンボルマークが全国へ 白状SOSシグナル
487票 岐阜市では、白杖を頭上に掲げてSOSのシグナルを示している視覚に障がいのある人を見かけたら、進んで声を掛けて支援しようという「白杖SOSシグナル」運動のシンボルマークを3月に制定しました。このマークが、5月に開催された全国盲人福祉大会で全国に発信され、さらに、自治体が作成したマークとしては全国で初めて、国において「障がい者マーク」の1つに位置付けられました。
【9位】 岐阜シティ・タワー43 無料展望室来場者150万人達成 岐阜シティ・タワー43
447票 岐阜シティ・タワー43のオープン以来、皆さんに親しまれてきた43階の無料展望室への来場者数が、7月23日に150万人に達しました。当日は、記念セレモニーを開催し、来場150万人目のご家族に記念証と記念品を贈呈しました。
【10位】 岐阜市歴史博物館が開館30周年を迎える 歴史博物館
355票 昭和60(1985)年11月1日にオープンした歴史博物館は、今年で開館30周年を迎えました。11月に開館30周年イベントを開催し、NHK大河ドラマ風俗考証の佐多芳彦さんの講演会やボランティアによる「戦国ファッションショー」、学芸員による入門講座が行われました。
◆11位以下の結果
【11位】 “お笑い”の力で岐阜市を元気に!
吉本芸人が長良川鵜飼観覧船の船頭に挑戦
【12位】 都市計画道路 岐阜駅高富線(梶川工区)の整備が完了
【13位】 岐阜市版レッドリスト・ブルーリスト2015公表
【13位】 イングリッシュ・キャンプin GIFU 小中学生150名が5泊6日英語漬け
【15位】 ぎふ野菜(ぎふベジ)のPRキャンペーンを開始
【16位】 新たな産地化を目指し、薬用作物の栽培を開始
【17位】 土曜日の才能開花教育 ギフティッド
【18位】 「平成27年地域公共交通優良団体国土交通大臣表彰」を受賞及び「岐阜市地域公共交通再編実施計画」が全国第1号で国土交通大臣認定
【19位】 岐阜市コミュニティバス日野地区、北長森地区で試行運行開始
~全18地区で運行中~
【20位】 ブランド発信グリーンツーリズムを展開