第11回アースレンジャー子ども会議を開催しました

第11回アースレンジャー子ども会議を開催しました
(2016年2月17日更新)

第11回アースレンジャー子ども会議を開催しました

第11回アースレンジャー子ども会議を下記のとおり開催いたしました。
日時:平成27年11月22日(日)午前10時30分から午後3時30分まで
場所:みんなの森 ぎふメディアコスモス ドキドキテラス及びみんなのギャラリー(岐阜市司町40番地5)
内容:環境活動発表、がやがや会議、環境宣言など
参加団体:方県小学校、日野小学校、長森南中学校、三輪中学校、イオン柳津店チアーズクラブ、長森西子ども会インリーダー、高富中学校

環境活動発表

午前中は、みんなのギャラリーにて3つの団体が環境活動についての発表を行いました。発表者はこれまで行ってきた環境活動を、模造紙やパワーポイントなどの様々な形でまとめ上げ、団体ごとの個性がでた素晴らしい発表となりました。
発表の様子1発表の様子2発表の様子3
各団体(イオン柳津店チアーズクラブ、長森南中学校、高富中学校)の発表の様子

壁新聞

本会議では、発表以外にも、学校や団体での環境活動を模造紙にまとめた、「壁新聞」の掲載も行いました。活動で体験したことや、念入りに調べられた内容が絵や写真をたくさん使ってまとめられており、見ている方も楽しくなる作品となりました。
壁新聞1壁新聞2
壁新聞掲載団体(方県小学校、日野小学校、長森南中学校、三輪中学校、イオン柳津店チアーズクラブ、長森西子ども会インリーダー、高富中学校)

生物多様性キッズセミナー

活動発表が終わった後は、今回のアースレンジャー子ども会議のテーマである「生物多様性」についてのキッズセミナーを行いました。セミナーは生きものの種の多様性や、私たちが生態系から享受している恵みなどについてクイズ形式で行いました。
生物多様性キッズセミナーの様子1生物多様性キッズセミナーの様子2
生物多様性キッズセミナーの様子3
生物多様性キッズセミナーの様子

図書館見学及び会場内のブース見学

セミナー後は、ぎふメディアコスモス内にて、図書館と会場内のブース見学を行いました。

 ブース見学の様子1ブース見学の様子2
ブース見学の様子

がやがや会議

がやがや会議とは、小中学生が学校や団体の枠を越えて、環境保全について何をしていくべきかを話し合い、環境宣言としてまとめていくものです。今回は「つながりあっている私たち生きものが100年後も暮らしていくために、自分は何をしたいかを考えよう!」を会議のテーマとし、話し合いを進めました。

会議前には緊張をほぐし、生きものについて知識を増やすために、岐阜市内の14種類の生きものが描かれている「生きものカルタ」を行いました。このカルタはアースレンジャー子ども会議のスタッフである、岐阜大学の環境活動サークル「ESDクオリア」が主になって作成しました。
生きものカルタの様子1生きものカルタの様子2
生きものカルタの様子

今回のがやがや会議は3つのラウンドによって構成され、第1ラウンドでは自分たちの周りの生きものを書き出し、第2ラウンドではヒトを含めた生きもの同士の関係を矢印を描いて結び付けました。第3ラウンドではつながりあっている生きものが暮らしていくために自分たちが何をしたいのかを考え、環境宣言としてまとめました。
がやがや会議の様子1がやがや会議の様子2
がやがや会議の様子3がやがや会議の様子4
がやがや会議の様子

環境宣言の発表

がやがや会議でまとめた「環境宣言」を、これから自分たちが考え、行動していくこととして、代表の子どもたちがドキドキテラスで発表しました。そしてその誓いとして、岐阜市学校指導課長(教育長代理)に、環境宣言を手渡しました。
環境宣言の発表と受け渡しの様子1環境宣言の発表と受け渡しの様子2
環境宣言の発表と受け渡しの様子

環境宣言には「全ての生物のすむ場所を守るために節電や節水をしていく」、「田んぼを舞台にしたマンガを作って色んな人に環境のことを知ってもらう」など、今できることや将来やってみたいことについて様々な内容が盛り込まれたものになりました。

今回の「第11回アースレンジャー子ども会議」には、約50人の小中学生と約20人の大学生が参加し、大変活気あるものになりました。
集合写真