当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

長期入院をしている場合、食事代が減額になると聞きました。その手続きは?

長期入院をしている場合、食事代が減額になると聞きました。その手続きは?
(2018年4月1日更新)
 住民税非課税世帯の方へ申請により区分Iもしくは区分IIの限度額適用・標準負担額減額認定証を発行しております。下記の表のうち区分IIをお持ちの方で入院日数が過去12か月で90日を超えた場合は、申請により限度額適用・標準負担額減額認定証(長期入院該当年月日印字済)が発行されます。
 発行された限度額適用・標準負担額減額認定証と保険証を医療機関の窓口に提出していただくと申請日の翌月1日から1食210円から1食160円に減額されます。

□入院時食事代の標準負担額
 所得の区分 1食あたりの食事代 
 現役並み所得者

   460円 ※

 一般
 区分II  90日までの入院

 210円

 過去12か月で90日を超える入院

 160円

 区分I

 100円

※指定難病者などの方は260円になります。

 ●持ち物   
                      
           1.個人番号カード(お持ちでない場合は下記2点)
           ・通知カードまたは個人番号が記載された住民票
           ・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)  

       2.限度額適用・標準負担額減額認定証
       3.入院が90日を超えていることが証明できるもの(領収書等)
       4.印鑑(認印可)

 ●申請場所

       ・福祉医療課(岐阜市役所本庁舎1階)