当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について
(2015年6月9日更新)

中東呼吸器症候群(MERS)について

 中東呼吸器症候群(MERS)は、平成24年に初めて確認された新しい種類のコロナウイルス(MERSウイルス)により、発熱や呼吸器の症状が出る感染症です。
 中東地域で患者が報告されていますが、最近、韓国においても中東地域で感染した人(輸入症例)、その患者と接触した人の感染が報告されています。
 医療機関にかかる際、中東諸国への渡航歴のある方、あるいは韓国でMERS(疑い)患者と接触した可能性のある方は、必ず申告していただきますようお願いします。

医療機関の皆様へ

 平成27年5月11日に韓国における輸入症例の発生に伴う、6月4日付け厚生労働省通知に基づき、該当する患者を診察した場合は、保健所への情報提供をお願いします。また、要件に該当する患者の診察等にあたっては、二次感染防止の観点から、院内感染対策の徹底をお願いします。


厚生労働省「韓国における中東呼吸器症候群(MERS)への対応について」(平成27年6月4日付厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

韓国で発生している中東呼吸器症候群(MERS)への検疫対応について(平成27年6月4日付 厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

中東呼吸器症候群(MERS)・鳥インフルエンザ(H7N9)患者搬送における院内対策
中東呼吸器症候群(MERS)・鳥インフルエンザ(H7N9)患者に対する院内感染対策

厚生労働省「MERSについてのQ&A」