当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

小児慢性特定疾病指定医療機関・指定医について

小児慢性特定疾病指定医療機関・指定医について
(2019年5月13日更新)

 小児慢性特定疾病医療費助成制度の概要、対象疾病等については、 小児慢性特定疾病情報センターホームページをご覧ください。

【重要】小児慢性特定疾病医療費助成における「医療意見書」の様式改正について(平成30年10月)
◎小児慢性特定疾病医療費助成の支給認定に関して、医療意見書の様式が改正され、新しくなりました。今後は、新しい様式の医療意見書をご使用くださいますようお願い致します。

 ・新しい様式の医療意見書の使用開始時期:平成30年10月1日
 ・以前の様式(平成27年1月~平成30年9月)の医療意見書の使用終了期間: 平成31年10月31日
 
〈医療意見書が掲載されているホームページ〉
 ・新しい様式の医療意見書は、下記のサイトでご確認いただけます。
  小児慢性特定疾病情報センター https://www.shouman.jp/disease/ 

 ○小児慢性特定疾病医療費助成申請の際は、指定医が作成した医療意見書(診断書)の添付が必要です。

 ○小児慢性特定疾病の患者の方が医療費の助成を受けるには、指定医療機関での利用に限られます。  

岐阜市内における指定医療機関

 指定医療機関について掲載しています。
 
 ・ 指定医療機関

岐阜市内における指定医について

 指定医について掲載しています。 

 
 ・指定医

(医療機関の方へ)指定小児慢性特定疾病医療機関について

 小児慢性特定疾病患者の方が医療費の支給を受けられるのは、医療機関の所在地を管轄する実施主体(所在地が岐阜市の場合は岐阜市)の指定を受けた「指定医療機関」のみです。 

申請手続きについて

 指定の申請は随時受け付けますが、指定日は原則として指定の決定をした日の属する月の翌月初日となります。
 ・指定医療機関の申請手続きについて
 ・ 指定小児慢性特定疾病医療機関指定(新規・更新)申請書
 ・ 指定小児慢性特定疾病医療機関指定(新規・更新)申請書(記載例

届出について

(1)岐阜市が指定した指定医療機関が申請内容に変更があった場合は、以下の変更届出書を提出してください。
 ・ 指定小児慢性特定疾病医療機関指定変更届出書

(2)岐阜市が指定した指定医療機関が業務を休止・廃止・再開をした場合は、以下の届出書を速やかに提出してください。
 ・ 指定小児慢性特定疾病医療機関指定(休止・廃止・再開・その他)届出書

(3)岐阜市が指定した指定医療機関が指定の辞退をする場合は、1か月以上の予告期間を設けて、以下の辞退届出書を提出してください。
 ・ 指定小児慢性特定疾病医療機関指定辞退届出書

(医療機関の方へ)指定医について

 医療費支給認定に必要な医療意見書(診断書)を作成することができるのは、勤務先の所在地を管轄する実施主体の指定を受けた「指定医」に限られます。 「指定医」の指定を受けるためには手続きが必要となりますので、小児慢性特定疾病医療費助成に関する医療意見書を作成する可能性のある医師の方々におかれましては、申請手続きをお願いします。
申請手続きについて

 指定の申請は随時受け付けます。

 ・指定医の手続きについて
 ・ 小児慢性特定疾病指定医指定(新規・更新)申請書兼経歴書

届出について 

(1)指定医は届出事項について変更があったときは、変更のあった事項について、以下の変更届出書を速やかに提出してください。

 ・ 小児慢性特定疾病指定医変更届出書

(2)指定医を辞退する場合は、60日以上の予告期間を設けて、以下の辞退届を提出してください。
 ・ 小児慢性特定疾病指定医辞退届