当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

ご家庭でのストーブ火災に注意!

ご家庭でのストーブ火災に注意!
(2019年8月22日更新)
冬の季節はストーブによる火災が増加します。

使用者の注意不足による火災が多く発生しています。下記のような対策をして、火災を予防しましょう。  
ストーブの周りは、常に整理整頓をする

 布団、衣類、雑誌などの可燃物が電気ストーブの近くに置いてあると、ふとしたはずみで可燃物がストーブに接触し出火する恐れがあります。                                     就寝中に布団がストーブに触れ出火イラスト

ストーブの近くでスプレーなどを使わない

化粧品や塗料、殺虫剤などのスプレー缶や引火性の溶剤を使った接着剤などは、引火や爆発の危険があるので、ストーブの近くで使用してはいけません。
 ストーブのそばでスプレー缶を使用しないイラスト
寝るときは必ずストーブを切る

ストーブをつけたまま寝ると、寝返りをうった際などにストーブに布団が接触し出火する恐れがあります。

給油をする際にはストーブを切る

給油をする際には、必ずストーブを切ってから行ってください。
また、給油の際にこぼれてしまった灯油をそのままにしておくと、引火して火災になる恐れがありますので、すぐに拭き取ってください。

カートリッジタンクの口金はきちんとしめる

石油ストーブのカートリッジタンクに灯油を補給した後、口金を完全にしめ付けないまま石油ストーブにセットしようとしたため、口金が外れ、漏れた灯油がストーブにかかり出火するケースが多く発生しています。 
    ストーブのカートリッジタンクの口金はしっかり閉めるイラスト

布団、カーテン、ふすまなどの燃えやすい物のそばではストーブを使用しない

ストーブは、壁、カーテン、ふすま、障子などから十分な距離をとってください。

ストーブの近くに洗濯物などを干さない

ストーブの上部や周囲に洗濯物を干さないでください。

気づかないうちに、ストーブに落下したり接触して出火する恐れがあります。
    ストーブの近くに洗濯物などを干さないイラスト

誤給油に注意

ガソリンや軽油を、灯油と間違えてストーブに給油し、火災になる事例がおきています。

<誤給油を防ぐには・・・>

1 油の種類によって容器の色や形状を変える。

2 ガソリンは必ず専用の金属容器で保管する。

3 給油する前に燃料の色を確認する。(灯油は無色透明です。)
4 灯油の保管場所と他の油の保管場所を変える。

5 家族にも灯油と他の油の置き場を徹底する。
 

啓発リーフレットのダウンロードはこちら↓

ストーブ火災を防ぐための啓発リーフレット
(↑クリックするとPDFファイルが開きます↑)