メガソーラー発電推進事業

メガソーラー発電推進事業
(2021年6月16日更新)

DREAM Solar ぎふ(ドリームソーラーぎふ)太陽光発電所

1、施設概要

  場所:岐阜市北野阿原一般廃棄物最終処分場(岐阜市北野阿原3番地ほか)

  面積:40,493.12m2(セットバック等を除いた実際の使用面積32,720.72m2

  発電事業者:大和リース株式会社 岐阜営業所 (本社所在地 大阪市)

  発電出力:1.99MW

  太陽光パネル設置枚数:9,720枚

  用地の使用期間:平成25(2013)年11月から令和16(2034)年8月(20年間10か月)

  発電期間:平成26(2014)年6月1日から令和16(2034)年5月31日(20年間)


2、年間発電実績(令和2年度)

・発電量 約263万kWh
 (一般家庭 約880世帯が一年間に使用する電力量に相当)
・二酸化炭素削減量 約1,130t-CO2
 (36~40年生のスギ人工林約130haが一年間に吸収する二酸化炭素の量に相当)

  ※林野庁資料より、8.8t-CO2/ha・年とした

3、その他の取り組み

〇災害時における非常用電源の確保

 ・移動可能型リチウムイオン蓄電池5個を提供を受け、近隣小中学校等に設置

  (災害時にはメガソーラーの非常用電源により充電し活用)

〇環境教育

 ・敷地内に見学通路を設けて環境学習のための整備を実施

 ・自然エネルギーについての環境教育プログラム作成
 ・学校現場での環境教育において人や資材の支援
   ↓↓↓環境教育の詳細はこちら(外部リンク)↓↓↓
   
「DREAMsolarぎふ 太陽の恵みプロジェクト」


4、現地の様子


その他写真(1079KB )