各種所得控除の説明(平成26年度)

各種所得控除の説明(平成26年度)
(2014年2月3日更新)

控除の一覧

 本人や本人と生計を一にする配偶者その他の親族が、災害や盗難・横領によって生活用資産などに損害を受けた場合に控除されます。


控除される金額:(損害金額-保険金等で補てんされる金額-総所得金額等の合計額の10%)と(災害関連支出金額-5万円)とのいずれか多い方の金額

                                                                                                                             先頭にもどる

医療費控除

 本人や本人と生計を一にする配偶者その他の親族のために医療費を支払った場合に控除されます。

控除される金額:支払った医療費-保険金等で補填される金額-総所得金額等の合計額の5%と10万円とのいずれか少ない方の金額(最高200万円)

                                              先頭にもどる

社会保険料控除

  本人や本人と生計を一にする配偶者その他の親族のために、国民健康保険料・厚生年金保険料・国民年金保険料・介護保険料・長寿(後期高齢者)医療制度保険料などを支払った場合に控除されます。


控除される金額:支払った保険料

                                              先頭にもどる

小規模企業共済等掛金控除

  小規模企業共済法に規定された共済契約(旧第二種共済契約を除く)掛金、確定拠出年金法の個人型年金の加入者掛金、条例の規定により地方公共団体が実施する心身障害者扶養共済制度にかかる契約で一定の要件を備えたものの掛金を支払った場合に控除されます。


控除される金額:前年中に支払った掛金

                                             先頭にもどる

 生命保険料控除  

  本人や本人の配偶者その他の親族を受取人とする一般の生命保険料、または、本人や本人の配偶者を受取人とする個人年金保険料を支払った場合に控除されます。 


[計算例1](旧生命保険料又は旧個人年金保険料を支払った場合)

保険料の区分

支払った保険料

控除額

一般の旧生命保険料
旧個人年金保険料

15,000円以下

支払保険料の全額

15,001円から
40,000円まで

支払保険料×1/2+7,500円

40,001円から
70,000円まで

支払保険料×1/4+17,500円

70,001円以上

35,000円(最高限度額 35,000円)

両方ある場合

 

(旧生命保険料について[計算式1]により求めた金額)
                                           +
(旧個人年金保険料について[計算式1]により求めた金額)
              (最高限度額 70,000円)



[計算例2](新生命保険料、介護医療保険料又は新個人年金保険料を支払った場合)

保険料の区分

支払った保険料

控除額

一般の新生命保険料
介護医療保険料
新個人年金保険料

12,000円以下

支払保険料の全額

12,001円から
32,000円まで

支払保険料×1/2+6,000円

32,001円から
56,000円まで

支払保険料×1/4+14,000円

56,001円以上

28,000円(最高限度額 28,000円)

上記保険が
複数ある場合

 

(新生命保険料について[計算式2]により求めた金額)

(介護医療保険料について[計算式2]により求めた金額)

(新個人年金保険料について[計算式2]により求めた金額)
              (最高限度額 70,000円)



[計算例3](新契約、旧契約双方の生命保険料又は個人年金保険料を支払った場合)

保険料の区分

控除額

 一般の生命保険料

(旧生命保険料について[計算式1]により求めた金額)

(新生命保険料について[計算式2]により求めた金額)
           (最高限度額 28,000円)
ただし、旧契約のみについて控除の適用を受けた方が有利な場合は
最高限度額は35,000円

個人年金保険料

 (旧個人年金保険料について[計算式1]により求めた金額)

(新個人年金保険料について[計算式2]により求めた金額)
           (最高限度額 28,000円)
ただし、旧契約のみについて控除の適用を受けた方が有利な場合は
最高限度額は35,000円

 

 最高限度額 70,000円

 

                                             先頭にもどる

地震保険料控除

 本人や本人と生計を一にする配偶者その他の親族が常時居住している家屋・家財を保険の目的とした地震保険料を支払った場合に控除されます。
                                          

旧長期損害保険契約がある場合の経過措置

 平成20年度から損害保険料控除が廃止されましたが、平成18年末までに締結した長期損害保険契約で地震保険料控除の対象にならない場合は、平成20年度以降も従来どおり控除の適用を受けることができます。

(注)長期損害保険契約とは、損害保険契約等のうち満期返戻金のあるもので、保険期間又は共済期間が10年以上のものをいいます。

保険料の区分 支払った保険料 控除額

地震保険料控除

1 地震保険料だけの場合

50,000円まで

支払保険料×1/2

50,001円以上

25,000円

2 旧長期損害保険料だけの場合

5,000円以下

支払保険料の全額

5,001円から15,000円まで

支払保険料×1/2+2,500円

15,001円以上

10,000円

3 地震保険料と

旧長期損害保険料との

両方がある場合

 

(1 により求めた金額)

(2 により求めた金額)
ただし、最高限度額25,000円

                                             先頭にもどる

障害者控除

 本人や本人の配偶者その他の親族(配偶者控除や扶養控除を受ける人に限る)が障害者や特別障害者である場合に控除されます。

障害者:身体障害者手帳3~6級、精神障害者保健福祉手帳2・3級、療育手帳B程度など

特別障害者:身体障害者手帳1・2級、精神障害者保健福祉手帳1級、療育手帳A程度など


市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

障害者控除

障害者

260,000

270,000

 10,000

特別障害者

300,000

400,000

100,000

 同居特別障害者

530,000

750,000

220,000 

※平成19年度から、身体障害者手帳等を所持していない人でも、「岐阜市要介護認定高齢者に係る障害者控除対象者認定書」の交付を受けている人は、申告の際に提示または添付することにより、障害者控除が受けられるようになりました。

                                             先頭にもどる

寡婦・寡夫控除

 本人が以下の条件に当てはまる場合に控除されます。


寡婦

(a)夫と死別・離婚した後再婚していない人又は夫が生死不明などの人で、扶養親族や総所得金額等が38万円以下の生計を一にする子のある人

(b)夫と死別した後再婚していない人又は夫が生死不明などの人で、合計所得金額が500万円以下の人


特別寡婦

寡婦(a)に該当する人で、扶養親族である子がおり、かつ、合計所得金額が500万円以下の人


寡夫

妻と死別・離婚した後再婚していない人又は妻が生死不明などの人で、合計所得金額が500万円以下であり、かつ総所得金額が38万円以下の生計を一とする子のある人


市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

寡婦・寡夫控除

寡婦、寡夫

260,000

270,000

10,000

特別寡婦

300,000

350,000

50,000

                                             先頭にもどる

勤労学生控除

 本人が学生・生徒などである場合に控除されます。ただし、合計所得金額が65万円超の人や、勤労によらない所得が10万円超の人は控除を受けられません。


市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

勤労学生控除

260,000

270,000

10,000

                                             先頭にもどる

配偶者控除

 本人と生計を一にする合計所得金額が38万円以下の配偶者(内縁関係は含まない。また、他の納税義務者の扶養親族又は事業専従者となっている者を除く)を扶養している場合に控除されます。


控除対象配偶者:以下の項目に当てはまらない人

老人控除対象配偶者:昭和19年1月1日以前生まれの人

市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

配偶者控除

控除対象配偶者

330,000

380,000

 50,000

老人控除対象配偶者

380,000

480,000

100,000

                                             先頭にもどる

配偶者特別控除

 本人の合計所得金額が1,000万円以下で、生計を一にする配偶者(内縁関係は含まない。また、他の納税義務者の扶養親族又は事業専従者となっている者を除く)の合計所得金額が下表に当てはまる場合に控除されます。

合計所得金額(円)

市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

配偶者特別控除

380,001~399,999

330,000

380,000

50,000

400,000~449,999

330,000

360,000

30,000

450,000~499,999

310,000

310,000

0

500,000~549,999

260,000

260,000

0

550,000~599,999

210,000

210,000

0

600,000~649,999

160,000

160,000

0

650,000~699,999

110,000

110,000

0

700,000~749,999

60,000

60,000

0

750,000~759,999

30,000

30,000

0

760,000~

0

0

0

                                             先頭にもどる

扶養控除

 
本人と生計を一にする合計所得金額が38万円以下の親族(前年の途中で死亡、及び出生した人も含まれる)を扶養している場合に控除されます。


扶養親族:以下のいずれにも当てはまらない人(年少扶養親族※を除く)

特定扶養親族:平成3年1月2日から平成7年1月1日までに生まれた人

老人扶養親族:昭和19年1月1日以前に生まれた人

同居老親等:老人扶養親族のうちであなたやあなたの配偶者の父母や祖父母などで、同居を常況としている人


※年少扶養親族…平成10年1月2日以後に生まれた人

市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

扶養控除

扶養親族

330,000

380,000

 50,000

特定扶養親族

450,000

630,000

180,000

老人扶養親族

380,000

480,000

100,000

同居老親等

450,000

580,000

130,000

                                             先頭にもどる

基礎控除

 すべての人に適用される控除です。

市・県民税の控除額(円)

所得税の控除額(円)

所得税との人的控除の差(円)

基礎控除

330,000

380,000

50,000


                                             先頭にもどる