当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

土砂災害特別警戒区域の指定に伴う構造規制

土砂災害特別警戒区域の指定に伴う構造規制
(2017年11月10日更新)
 平成26年12月24日岐阜県告示第710号により、長良川より南部の地域(150箇所)が土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定されました。本告示により岐阜市内全ての危険箇所が指定完了となりました。

この指定に伴い、当該区域内に居室を有する建築物の新築又は増築等を行う場合は、構造規定(建築基準法施行令第80条の3)が適用されますので、ご注意ください。

 

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン) 告示一覧

告示日

根拠告示

該当箇所数

指定地域

平成25年5月17日

岐阜県告示第283号

321箇所

長良川より北部(網代地区以外)

平成26年11月6日

岐阜県告示第627号

72箇所

網代地区

平成26年12月24日

岐阜県告示第710号

150箇所

長良川より南部

平成27年3月20日

岐阜県告示第200号

1箇所
※解除

網代地区

 

1.土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の確認

 こちらで確認してください。ぎふ山と川の危険箇所マップ
 ※土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の詳細は、岐阜県 岐阜土木事務所 河川砂防課
(県民ふれあい会館 第1棟8階)でご確認ください。
 電話番号:058-215-0979
 

2.構造規定に関するお問い合わせ

 岐阜市まちづくり推進部建築指導課
 電話番号:058-265-3903(構造審査係)