土地・家屋の所有者が変わったときは?

土地・家屋の所有者が変わったときは?
(2015年6月1日更新)

土地・家屋の所有者が変わったときはどのような手続きが必要ですか?


 売買、相続などにより所有者が変わったときは、法務局で所有権移転の登記をしてください。ただし、未登記家屋については、法務局で表題登記をするか、「未登記家屋納税義務者変更申請書」を資産税課へ提出してください。
 申請書は資産税課にありますので、新所有者の方が申請してください。名義変更の内容によって添付書類が異なりますので、詳細についてはこちら(家屋の所有者が変わったときのページへ)をご覧ください。
 なお、固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在、登記簿に登録されている所有者及び未登記家屋の場合は、家屋補充課税台帳に登録されている所有者が納税義務者となります。