道路・水路との境界確認

道路・水路との境界確認
(2013年1月30日更新)

公共用地との立会いとは

 土地の売買・分筆・建築・開発申請等にあたり、土地の測量の際に境界の立会いを必要とする場合、市が管理する道路・水路が隣接する部分(公共用地との境界)については市が立ち会います。
 なお、民地と民地の境界線については、市において立会いを行いません。

境界立会いの手続きについて

1 公共用地との境界確認申請書の提出

 公共用地との境界確認申請書の提出が必要になります。

 以下の書類を添付して提出してください。

  ・ 公図写し

  ・ 案内図

  ・ 関係土地所有者一覧表

  ・ 委任状(代理人が申請する場合)

2 現地立会

 土地所有者、両隣地の地権者、対面の地権者の立会いが必要になります。

3 境界確定

 関係者の承諾書と境界確定測量図の提出が必要になります。

4 境界立会いの実施について

 道水路とみなさまの土地との境界を確定するまでには、資料及び現地調査、事前打ち合わせ、仮測量等、立会いの実施には日程の調整が必要なため、ご申請から1ヶ月程度お待ちいただいております。ご協力をお願いいたします。

 公共用地との境界確認に関するお問い合わせ

 土木調査課 調査指導係  内線 2636~2638