人権啓発センターの紹介

人権啓発センターの紹介
(2020年4月2日更新)

人権啓発センターとは

  市民部人権推進課と教育委員会社会教育課人権教育係が合併して2003(平成15)年に市民参画部人権啓発センターが発足しました。<2020(令和2)年4月から市民協働推進部>

  人権啓発センターは、さまざまな人権問題の解決をめざし、市民の皆様に情報の提供を行ったり、人権学習のお手伝いをしたりするとともに、思いやりの心にあふれた「人権を尊重するまちづくり」を推進し、誰もが住みよい岐阜市を実現しようと人権教育・人権啓発に積極的に取り組んでいます。

  具体的には、次のような仕事をしています。

  • 人権に関する事業の企画、調査及び総合調整に関すること
  • 人権尊重推進強調月間の講演等、市民の学習・研修・講座等の実施
  • 人権教育、人権啓発資料の作成・発行など各種人権情報の収集発信
  • 研修講師、リーダー等の人材育成への支援
  • 研修・学習を支援する相談
  • DVDやビデオなどの視聴覚教材の収集と貸出管理
  • 簡易な人権相談と専門機関への紹介・連絡の実施
  • 同和問題・同和対策に関すること
  • 人権擁護委員等人権推進団体との連携に関すること

  

~ 「あったかハートルーム」を紹介します ~

 2004(平成16)年に、市民の皆さんの人権感覚向上のための研究、研修、学習を援助する『あったかハートルーム』を人権啓発センター内に開設しました。多くのみなさんが利用されることを願っています。

<スローガン>

「高めよう!一人ひとりの人権感覚」

<設備・内容>
  • 人権に関するさまざまな分野の書籍
  • 人権啓発DVDの視聴用DVDプレーヤー
  • 研修会の打ち合わせ会議等のための大テーブル及びホワイトボード
  • 学習リーフレット、啓発資料等
  • 自分自身の学習、研修会の内容、研修会のもち方等の助言
  • 人権啓発DVD、プレゼン資料、プロジェクター、DVDデッキ等の貸し出し
<キャラクター>
  • 岐阜市の人権啓発キャラクター  『あったかハートちゃん』です。
  • このキャラクターは、2003(平成15)年に岐阜総合学園の生徒がデザインしてくれました。

あったかハートちゃん

<部屋の写真>

入り口        会議机

入り口2     ビデオ

テレビビデオ