岐阜市名誉市民

岐阜市名誉市民
(2013年1月29日更新)
岐阜市では、本市に縁りの深い方で、公共の福祉の増進や、文化の進展に貢献され、その功績が卓絶で市民の尊敬を受ける方に、名誉市民の称号を贈り、顕彰しています。

根拠法令 :岐阜市名誉市民条例
      岐阜市名誉市民条例施行規則


これまでには下記の方に名誉市民章を贈呈しています。

●松尾 国松(まつお くにまつ)氏(明治7年7月29日~昭和33年1月17日) 

昭和14年3月、第10代市長に当選以来、6期22年の長期にわたり、市長の職にあって、岐阜市の建設と発展に尽力されました。

称号贈呈/昭和31年5月3日

山田 永俊(やまだ ながとし)氏(明治5年10月13日~昭和31年9月24日)

4期市議会議員を務め、市政の発展に尽力するとともに、県・市教育会の役員として教員会館の建設等教育界に貢献されました。

称号贈呈/昭和31年10月9日

 ●松尾 吾策(まつお ごさく)氏(明治36年1月6日~昭和63年6月16日) 

15年余の間市長を務め、赤字財政の再建、土木事業の振興等市政の発展に尽力されました。

称号贈呈/昭和45年11月3日

 東 前豊(ひがし まえとよ)氏(明治26年8月6日~昭和49年5月6日) 

2期8年にわたり市長を務め、その間戦災で大きな被害を受けた市の復興に全力を尽くすなど市の発展に貢献されました。

称号贈呈/昭和46年9月10日

 ●渡辺 甚吉(わたなべ じんきち)氏(明治39年12月26日~昭和47年5月25日) 

岐阜薬科大学の前身、岐阜薬専創設の際、建設費を全額寄附し、同大学の設立に貢献されました。

称号贈呈/昭和47年8月3日

 ●早川 光治郎(はやかわ みつじろう)氏(明治22年7月28日~昭和53年7月20日) 

10期連続42年にわたり市議会議員を務め、永年市政発展に尽力されました。

称号贈呈/昭和50年9月9日

 ●桑原 善吉(くわばら ぜんきち)氏(明治34年6月20日~昭和60年2月4日) 

通算24年の長期にわたり岐阜商工会議所会頭を務めるとともに、各種の団体役員、会社社長等として産業の振興、市政の発展に貢献されました。

称号贈呈/昭和54年8月22日

 ●上松 陽助(うえまつ ようすけ)氏(大正3年7月2日~平成8年1月18日) 

2期6年市長、3期12年知事を務め、市政・県政の発展、福祉の増進、文化の進展に貢献されました。

称号贈呈/平成2年2月6日

 ●蒔田 浩(まきた ひろし)氏(大正9年10月21日~平成6年11月23日) 

4期16年にわたり市長を務め、市政の発展、福祉の増進、文化の進展に貢献されました。

称号贈呈/平成6年4月28日

 ●安田 梅吉(やすだ うめきち)氏(明治41年1月30日~平成8年12月10日) 

岐阜商工会議所の正副会頭を16年務め、産業界の発展に貢献し、岐阜市行政改革懇談会会長・岐阜コンベンション推進協議会会長等、市政発展・社会奉仕に多大な功績を残されました。

称号贈呈/平成7年5月1日

加藤 東一(かとう とういち)氏(大正5年1月6日~平成8年12月31日)

日展第一科(日本画)を中心に活躍、戦後日本画壇のリーダーとして日本文化の発展に貢献されました。

称号贈呈/平成8年7月1日

林 春雄(はやし はるお)氏(大正12年4月21日~平成23年7月27日 )

全国最多の15期58年にわたり、市議会議員を務め、長年市政の発展と市民福祉の向上に貢献されました。

称号贈呈/平成19年9月21日

浅野 勇(あさの いさむ)氏(大正15年3月1日~平成19年1月23日 )

高等学校教諭、岐阜市教育長として、学校教育ほか、生涯学習社会の実現に貢献し、その後8年余にわたり市長として、県都岐阜市の発展と教育・産業・文化・福祉の向上に尽力されました。

称号贈呈/平成20年5月15日