当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

ガソリン等の適正な取扱いについて

ガソリン等の適正な取扱いについて
(2019年10月8日更新)
手続き・サービス等の名称 灯油用ポリ容器でガソリンを保管することは出来ません。
手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答

 ガソリンは、引火点が-40℃程度で火災の発生する危険が高いものです。ガソリンが引火すると瞬時に爆発し延焼が拡大しますので、ガソリンをむやみに貯蔵することは控えてください。

◆ガソリンの適正な運搬と取扱い方法

1.ガソリンを運搬する場合は、消防法令の基準に適合した金属製容器を使用してください。

2.セルフスタンドでは、利用客が自らガソリンを容器に入れることは出来ません。

問い合わせ 岐阜市消防本部予防課
消防本部・各消防署の所在地と連絡先 
問い合わせ時間 8時45分~17時30分 月曜日~金曜日
(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)
注意事項/
その他

 

担当課等
部課名等 消防本部 予防課保安規制係
電話番号 058-262-7163 
FAX番号 058-263-6065 
E-mail sh-yobou@city.gifu.gifu.jp