被保険者となるのはいつからで、保険証をもらうには手続きは必要ですか?

被保険者となるのはいつからで、保険証をもらうには手続きは必要ですか?
(2021年6月16日更新)
後期高齢者医療制度の被保険者となるのは、75歳の誕生日からです。また保険証は、特に手続きの必要はなく、誕生日までにお届けしますので、誕生日当日から医療機関に見せてください。
 

 65歳~74歳で一定の障がいの状態にある方は、広域連合が認定した日から被保険者となります。  対象者で後期高齢者医療制度に加入したい方は、岐阜市役所本庁舎1階 福祉医療課までご相談、手続きしてください。

  

  ●対象者   

     1.身体障害者手帳1級から3級

     2.身体障害者手帳4級の一部(音声、言語、下肢の一部)

     3.精神障害者保健福祉手帳1級から2級

     4.療育手帳A1、A2

     5.障害年金受給者(法でさだめられた方)

  ●持ち物

     1.身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の該当する手帳のいずれか

     2.現在ご加入の健康保険証

     3.印鑑(認印可)