当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

食鳥検査のあらまし

食鳥検査のあらまし

食鳥検査のあらまし

「食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律」に基づいて市内の大規模食鳥処理場(年間処理羽数30万羽を超える処理場)で、1羽ごとに獣医師である食鳥検査員が検査を行っています。また認定小規模食鳥処理場(年間処理羽数30万羽以下の処理場)では、専門知識を有する食鳥処理衛生管理者が、基準に適合しているかどうかを確認しています。
さらにサルモネラ、カンピロバクターなどの食中毒菌による食鳥肉の汚染を防ぐため、定期的にふきとり検査を行うなど、施設の衛生管理の向上に努めています。


食鳥検査のフローチャートです