当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

119番受信から出動まで(1)

119番受信から出動まで(1)
(2013年1月27日更新)
119番受信から出動まで(1)
指令課で119番通報を受信した際には、通報者から必要な情報を聞き取り、

災害種別、災害地点の確認、出動する車両の決定を行い、
各消防署に出動指令を出し、消防車、救急車を出動させます。
このページでは、119番通報を受信してから出動指令をかけるまでの流れと、
それを支えるITシステムについて説明します。

 火災・救急・救助     
                            消防本部 指令課
 出場指令
                                            
 

災害地点の決定

  • 通報者から、災害発生地点の住所、目標物などの情報を受け、自動的に表示された付近地図画面のなかに、ピンポイントの災害地点を入力します。

災害種別の決定

  • 通報者からの聞き取りにより、災害分類・種別(火災、救急、救助)・規模を決定します。決定と同時に自動的に隊の編成が行われ、出動指令を出すことができます。

出動部隊の編成・決定

  • 災害地点、災害種別が決定されると、出動車両の車種・台数を決定し、コンピューターの車両情報から災害現場に近い最適な部隊を自動的に編成します。