問屋町西部北街区

問屋町西部北街区
(2012年6月20日更新)
 現在の駅前におけるアパレル問屋の集積メリットを活かし、次代に生き残るための共同化と新しい機能の付加により、本市基幹産業の振興を図ります。
 併せて、ファッション都市に相応しい駅前の景観と土地の高度利用及び防災化を実現していきます。

【 現況 】

全体写真 現況写真

事業概要

 所在地   問屋町1・2丁目

 地元組織  問屋町西部北街区市街地再開発研究会(理事長:佐藤 守弘)

 事業期間  未定

 地区面積  約0.7ha

 敷地面積  約5,200平方メートル

 延床面積  未定

 規模構造  未定

 主要用途  未定

事業の経緯

 研究会では、再開発のあり方を研究しています。
平成2年~平成4年  再開発研究会が発足
平成10年度  南街区の先行開発方針の決定
平成13年8月  北街区研究会の一本化
平成14年3月

 北街区研究会の会員が南街区の特別組合員として事業支援をしていくことを決定

平成14年度  再開発目標方針の設定
平成15年度  研究会としての活動を一時休止し、しばらくは、研究会に所属する3町内において個別での研究活動を進めることが、総会において議決される。

平成16年度

 町内別の研究活動を開始
平成21年度  研究会の活動を再開