当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

問屋町第一地区

問屋町第一地区
(2018年12月14日更新)
アパレル問屋が集積する本地区は、建物の老朽化が著しく、防災・環境の面から早急な建替えが必要ですが、連棟建物・狭小敷地が多く、個々での建替えが困難な状況です。こうした状況で、最も有効な手法は共同化による再開発事業が考えられます。事業によるアパレル機能の集積は、アパレルを高度情報化に対応しうる産業に強化するとともに、駅前として相応しい景観を創出し、県都の顔をつくりだします。

【 現況 】

問屋町第一地区

※写真右は吉野町6丁目東地区、写真左は問屋町西部南街区

事業概要

   所在地   問屋町3・4丁目、吉野町6丁目地内

 地元組織    問屋町第一地区市街地再開発準備組合 ( 理事長:堀田謙一)

 事業期間  未定

 地区面積  約0.4ha

 敷地面積  約4,000平方メートル

 延床面積  未定

 規模構造  未定

 主要用途  未定

事業の経緯

  優良建築物等整備事業により開発を先行して行った吉野町6丁目東地区や周辺の再開発事業の動向を見極めつつ、再開発の方向性と可能性を見出そうとしています。
  当準備組合の組織維持及び強化を図り、早期事業化へ向けて、行政からの情報や周辺の再開発事業の活動状況について節目あるごとに情報提供の場を設け、事業推進へ一層の促進を図っています。
平成4年度   準備組合設立
平成9年度  事業計画案の作成

平成10年度

 権利者意向調査、先行開発街区(吉野町6丁目東地区)の承認

平成13年度

 準備組合組織再編