当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

柳ヶ瀬地区

柳ヶ瀬地区
岐阜市の中心的な商店街の柳ヶ地区の中で、当地区は木造の老朽化した建物が多く、商店街の近代的装いが望まれていました。
  柳ヶ地区の西方に位置する当ビルの完成に伴い、買物客の動きが柳ヶ瀬全体に拡がり、回遊性のある面的商店街として改めて柳ヶ瀬がアピールされることとなりました。

【 開発後 】

開発後 柳ケ瀬地区写真

開発後

事業概要

 事業名   柳ヶ地区第一種市街地再開発事業

 所在地   日ノ出町2丁目、金町3丁目地内

 施行者   柳ヶ市街地再開発組合

 事業期間  昭和50年度~昭和52年度

 地区面積  約0.61ha

 敷地面積  約4,120平方メートル

 延床面積  約35,900平方メートル (現在は増床して約37,700平方メートル)

 規模構造  地上11階、地下1階

 主要用途  店舗(岐阜髙島屋)